• 背景色 
  • 文字サイズ 

タンポポを探しに出掛けよう

 タンポポと言えば黄色い花で種類も少ないように思われがちですが、島根県内でも白い花を咲かせるものなど、もともと国内で生育していた在来種5種類、ヨーロッパが原産の外来種2種類の合計7種類が見られます。

 

 在来種のなかでも、隠岐諸島にしか生育していないオキタンポポは、隠岐の固有種であることから大変貴重です。しかし、本土はもとより隠岐諸島でも外来種のタンポポが侵入し、生育範囲を拡大させているために、在来種が脅かされています。また、外来種との間に雑種ができることも問題になっています。開花・結実をみても、在来種は春先の年1回だけですが、外来種は条件がそろえば年中開花・結実し、種を飛ばしますので、勢力を広げやすいようです。

 

 このタンポポの分布調査が西日本一帯(19府県)で、5月31日まで行われています。この調査は、タンポポが咲いている場所に行って、タンポポの花をとり(可能なら種も)、調査用紙と一緒に、県内の窓口である県立三瓶自然館サヒメルへ郵送するというものです。皆様からの情報をもとにタンポポの種類ごとの分布図を作成したり、在来種と外来種の雑種についても調べます。

 

 誰でも簡単に参加できますので、身近にあるタンポポを探しに出掛けてみませんか。

 

 お問い合わせ先県立三瓶自然館サヒメル(外部サイト)(TEL:0854-86-0500)

 調査用紙はサヒメルのホームページからダウンロードできます。(※タンポポ調査は終了しております。)

 

 山陰中央新報りびえーる平成22年4月25日掲載

シロバナタンポポの写真ヤマザトタンポポの写真セイヨウタンポポの写真

 シロバナタンポポ(在来種)ヤマザトタンポポ(在来種)セイヨウタンポポ(外来種)


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp