• 背景色 
  • 文字サイズ 

テントウムシを探そう!

 テントウムシは、身近な昆虫ですので、皆さんも見たことがありますよね。飛び立つときに木の枝先に登り、太陽に向かって飛んでいくことから、天道虫と名がついたとも言われています。

 

 ところで、テントウムシは、何種類いるかご存じですか?国内では約160種、県内では約50種が生息しています。中でも、ナナホシテントウ(体長5〜9mm)やナミテントウ(体長5〜8mm)は、身近なところで見ることができます。

ナナホシテントウは、1種類しか模様がありませんが、ナミテントウは多くの模様が知られており、下の図のように大きく4つの模様に分けられます。この2種類のテントウムシは、植物の害虫であるアブラムシを食べる有益な虫なのです。

 

 テントウムシの成虫は、晴れた日に活発に行動します。まず、テントウムシを見つけるには、日当たりの良い場所で、アブラムシの多くついている草木を探しましょう。その周りを探すとテントウムシが見つけられるはずですよ。

 

(りびえーる掲載日平成20年8月24日)


 

ナミテントウの模様の説明

ナミテントウの模様

図ナミテントウの模様(大きく4つのパターンに分かれます。)

 


テントウムシの写真

ナナホシテントウの写真

ナナホシテントウ

ナミテントウ2紋型の写真

ナミテントウ2紋型

 

お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp