• 背景色 
  • 文字サイズ 

雑草でごちそう!?

 ゴールデンウィークももう目前、今年の旅行の計画は決まりましたか?

 遠くへ出かけるのも良いのですが、身近なところに目を向けても、新しい発見、楽しみがあるんですよ。

 

 例えば、足元に生えている「雑草」。あまり気にも留めずに見過ごしてしまうのですが、案外食べられるものも多いのです。

 春の七草の中にも出てくるセリ、ナズナ、ハコベをはじめ、ヨモギやツクシなどはよく知られているところです。

 

 タンポポの仲間は、胃薬やお乳の出をよくする薬に、また、コーヒー代わりにも使われていました。夏には、はびこって草刈りが大変なクズだって、若芽を摘んで天ぷらにすれば、癖がなくてなかなかおいしいものです。

 

 ただ、注意が必要なのは、かわいい花を咲かせていても毒を持った植物もあるということ。「自分では見分けがつかないなぁ」と心配な人は、ぜひ5月11日(日)、ふれあいの里奥出雲公園(雲南市掛合町波多1300)でのイベント「野草を味わう会」に参加してみてください。意外な春の味に出会えるかもしれませんよ。

 

 「味わう会」の時間は午前10時から午後1時までで、参加費は500円です。定員が30名で、県立三瓶自然館サヒメル(TEL:0854-86-0500)への予約が必要です。(※「野草を味わう会」は終了しております。)

 

 この機会にぜひお出かけください。

(りびえーる掲載日平成20年4月27日)


案内地図

ふれあいの里の地図

※クリックすると拡大して見ることができます。

身近な雑草タンポポの写真
身近な雑草の代表タンポポ(大田市内)

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp