• 背景色 
  • 文字サイズ 

湯野神社

 松本清張の小説「砂の器」といえば奥出雲町亀嵩。映画やテレビで取り上げられ、一躍全国に有名になりましたね。今回はそのロケ地ともなった「湯野神社」をご紹介します。

 この神社は、二千年の歴史を持つともいわれ、「出雲国風土記」に「薬湯の守護神」として記載され、崇められてきました。

 まず鳥居横には、町の天然記念物にも指定されている樹齢450年、高さ30メートルの大ケヤキがあり、亀嵩のシンボルとして誇らしく立っています。鳥居をくぐると、石段と苔むした参道が約100メートル続くのですが、両脇には樹齢200年を超えると思われる巨大な杉が並び、更に社の周りには、県内では希にしか見ることのできないモミの純林がのこっています。

 きれいに清掃された境内は、静かで落ち着いた佇まいで、古来からの歴史を感じることができます。地元の人たちはこの神社を心から誇りに思い、大切に守ってこられました。

 今では、映画やテレビで「砂の器」の舞台として脚光を浴び、多くの観光客が訪れるようになりましたが、こうした歴史や文化を知り、自然にも目を向けて探訪してみませんか。

 

湯野神社の位置

湯の神社の位置図

 

湯野神社の参道 湯野神社本殿

湯野神社参道湯野神社

 

 入り口の鳥居と大ケヤキ 映画砂の器の記念碑 

 湯野神社入り口と大ケヤキ砂の器(碑)

 

 奥出雲町にはその他にも様々な見どころなどがあります。詳しくは観光マップをご覧ください。

 観光マップ(奥出雲町ホームページ)(外部サイト)

 

りびえーる平成19年11月25日掲載


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp