• 背景色 
  • 文字サイズ 

国定公園「匹見峡」-紅葉探訪-

 秋は山歩きやハイキングに最適な季節。紅葉狩りに出かけませんか?

 益田市匹見町にある「匹見峡」は、是非訪れたい紅葉の名所の一つです。

美しい渓谷が続く匹見町の中でも、特に見所が多い3つの渓谷は、それぞれ「表匹見峡」、「裏匹見峡」、「奥匹見峡」と呼ばれています。

 「表匹見峡」は、匹見川にある全長4kmの渓谷で、県道307号の旧道(現市道)沿いにあるため、手軽に車窓からでも楽しむことができます。

 「裏匹見峡」は、国道488号沿いの広見川にある渓谷で、片道4kmの自然探勝歩道を歩けば、奇岩や大小の滝や淵など、奇観を堪能することができます。すぐ近くに駐車場、ケビン、レストラン、釣堀、温泉などの各種施設があります。

 「奥匹見峡」は、道川地区の三の谷一帯に広がる渓谷で、より秘境の雰囲気を味わうことができます。国道191号から少し入ったところの駐車場から、片道2kmの探勝歩道を進むと、最奥部には落差50m超の「大竜頭(三の滝)」という大きな滝が現れます。

 三つの「匹見峡」三様の美をお楽しみください。

注1:「裏匹見峡」「奥匹見峡」の探勝歩道は山道で滑る箇所もあります。山歩きにふさわしい靴や服装でお出掛けください。

注2:匹見町では、他にも、「安蔵寺山」や「大神ヶ岳」といった名山に登り、ブナ林や山頂からの絶景を楽しむことができます。

 

広域エリアの地図 匹見峡の周辺地図

 

裏匹見峡の写真 奥匹見峡の写真

 

匹見峡の楽しみ方

 匹見峡は、「西中国山地国定公園」内にあり、「島根県自然観察モデルコース」や「中国自然歩道」などを活用できるので、様々な楽しみ方があります。

西中国山地国定公園

 匹見峡は、西中国山地国定公園内にあります。西中国山地国定公園は、石見地方の広島、山口両県境部に位置していて、邑南町(おおなんちょう)と浜田市にまたがり、標高1,000m級の山々を中心とした山岳地域の東部エリア、恐羅漢山(おそらかんざん)をはじめとした山岳部と、恐羅漢山を源流とする表匹見(ひきみ)峡、裏匹見峡、奥匹見峡の3つの変化に富んだ渓谷からなる中部エリア、安蔵寺山(あぞうじさん)をはじめとする山々と、山口県境を流れる深谷川に刻まれた長瀬峡などの西部エリアに大別され、それぞれ数々の見どころがあります。

 島根県内の自然公園は下記リンクからご覧ください。

 →しまね自然公園ガイド

 

島根県自然観察モデルコース

また、裏匹見峡は、誰でも気軽に自然と触れあえる「島根県自然観察モデルコース」にも指定されています。

 →島根県自然観察モデルコース

 

中国自然歩道

 さらに、益田市美都町宇津川から益田市匹見町道川出合原、西中国山地国定公園に指定されている表(おもて)匹見峡を経て、津和野町(旧日原町)の左鐙(さぶみ)に至るルートは、匹見峡コースとして中国自然歩道にも指定されています。

 →中国自然歩道

 

りびえーる平成19年10月28日掲載


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町128番地 東庁舎3階
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp