• 背景色 
  • 文字サイズ 

太陽熱利用とは

 太陽熱利用とは、太陽の熱を利用する技術のことです。

 具体的には、家の屋根などに設置した集熱器て温水を作って、お風呂などの給湯や床暖房などに利用します。

 また、集熱器で集めた熱を吸収式冷凍機に供給することで、冷房に利用することも可能です。

 

 

太陽熱温水器

(イラスト出展:(財)新エネルギー財団)

 

家庭での給湯や暖房に適しています

 ・手ごろな価格で設置できます。

 ・メンテナンスもほとんどかかりません。

 ・使用するのに特別な操作がいりません。

 ・天気のいい日には、約60℃の温水が得られます。

 ・冬でも冷たい水から温水を作るよりも燃料が少なくてすみます。

 

導入状況

集熱器とお湯を貯める部分が完全に分離しているものは「ソーラーシステム」、集熱器とお湯を貯める部分が一体となっているものは

「太陽熱温水器」と呼ばれています。
日本における販売台数は、現在太陽熱温水器が38,000台/年、ソーラーシステムが5,700台/年程度です。
1980年ごろにはそれぞれ現在の20倍、4倍程度導入されていましたが、近年はあまり市場が伸びていません。政府では今後積極的に

普及を目指す方針であり、国内の省エネ化推進のためにも今後の普及拡大が期待されます。

 

島根県では、平成28年度末状況で、ソーラーシステムが320件(一戸建)、太陽熱温水器は7044件導入されています。

(一般社団法人ソーラーシステム振興協会データ)

 

 


お問い合わせ先

地域政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
地域振興部地域政策課
TEL:0852-22-6506(総務予算G)
    0852-22-5084(震災関係)
    0852-22-6512,6713,5899(エネルギー関係)
FAX:0852-22-6042
E-mail:chiiki-seisaku@pref.shimane.lg.jp