• 背景色 
  • 文字サイズ 

耕種農家から求められるたい肥づくり

たい肥の利用を促進させるためには、耕種農家とコミュニケーションをはかり、耕種農家から求められる品質のたい肥を製造し、信頼関係を作ることが大切です。

耕種農家に安心して使ってもらえるたい肥とは

耕種農家から求められるたい肥は、以下のようなたい肥といわれています。

1.悪臭がなく、取り扱い性が良い。(十分な好気性発酵と適正な水分率)

2.たい肥中の病原菌、寄生虫、雑種種子などが死滅している。(約70度から80度の発酵温度)

3.生育障害物質を含まない。(十分な好気性発酵により生育阻害物質等を分解)

4.たい肥中の塩類濃度が高くない。(おがくず、わら等の副資材の活用)

※活発なたい肥化発酵3条件「通気性の確保」「頻繁な切り返し」「広い表面積」なかでも「通気性の確保」が重要な条件です。


お問い合わせ先

農畜産課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話:0852-22-5112
FAX:0852-22-6043
E-mail:nouchikusan@pref.shimane.lg.jp