• 背景色 
  • 文字サイズ 

高品質の日本原木栽培

国産と外国産の違いは?

 現在、国内で流通している乾しいたけのうち、国産は35%にしかすぎません。

 それでは、国産と外国産はどのような違いがあるのでしょうか。

 

栽培方法

 国産の乾しいたけは、すべて豊かな自然の中で育てられた原木栽培です。

 一方、外国産は、ほとんどが菌床栽培されたものです

 従って、乾しいたけを水戻ししたときの膨張率も大きな違いがあり、調理した際には、原木栽培ものの方が、ふっくらと仕上げることができます。

 

 ◆国産乾しいたけの栽培方法◆

  1. クヌギやコナラの樹木を秋、紅葉の頃に伐採します。
  2. 葉をつけたまましばらく乾燥させてから、1メートルぐらいの長さに切ります。(これを原木と言います。)
  3. 春になると、この原木にしいたけ菌を植菌し、森林内に伏せ込みます。
  4. しいたけ菌は木漏れ日を受けながら、1年半から2年もの長い年月をかけて、木にしっかりまわります。(これをほだ木といいます。)
  5. このほだ木から春と秋にしいたけを収穫します。(春に採れるしいたけを「春子」、秋に採れるしいたけを「秋子」といいます。)
  6. 収穫後、すぐに乾燥させます。

 


お問い合わせ先

林業課

【問い合わせ先】
島根県 農林水産部 林業課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 FAX 0852-26-2144
 ・林政企画グループ TEL 0852-22-5158・5163
 ・水と緑の森づくりグループ TEL 0852-22-6003・5166・5170
 ・森林組合・担い手育成グループ TEL 0852-22-5104・5159
 ・林業普及スタッフ TEL 0852-22-5162・5153
 ・全国植樹祭推進室 TEL 0852-22-5494・5706
 ・木材振興室 TEL 0852-22-5168・6749

E-mail
林業課(木材振興室、全国植樹祭推進室除く)  ringyo@pref.shimane.lg.jp
木材振興室  mokuzai-shinkou@pref.shimane.lg.jp
全国植樹祭推進室  syokujusai@pref.shimane.lg.jp
島根県緑化センター(管理スタッフ)
〒699-0406 島根県松江市宍道町佐々布3575
 TEL 0852-66-3005  FAX 0852-66-3296
E-mail ryokkasen@pref.shimane.lg.jp