• 背景色 
  • 文字サイズ 

公立高校の入試問題について


 

【提案No.A2020-01133】11月16日受付

 

 公立高校の入試について、中学校学習指導要領に基づき出題方針を守って出題するよう、徹底してほしい。具体的には、昨年度の国語の入試に「赴く」の書き取りが出題されていたが、これは高校の学習指導要領の範囲(常用漢字の読み書きができる)であり、中学校は常用漢字は読みだけでよく、書きは学年別配当漢字(通称:教育漢字)。このように高校範囲を一問でも出題されると、県の出題方針で勉強しても点を取れず、公平ではない。きちんとした、チェック体制のある入試問題作成を求める。

 

 

【回答】11月30日回答

 

 学力検査問題の出題方針は、『島根県公立高等学校入学者選抜実施要綱』において、「中学校学習指導要領に示されている各教科の目標・内容に即して、問題の内容と程度を定める」としています。

 「赴」は中学校で学ぶ漢字で、教科書にも記載されています。中学校では、新出漢字について、「読み」だけでなく「書き」も学習する現状があります。こうした中学校での学習の実態を踏まえ、やや難易度の高い問題として出題しました。

 なお、今年度実施の学力検査については、中学校等の臨時休業の実施を踏まえ、『中学校学習指導要領』で示された目標および内容から出題するとした出題範囲を明示しています。

(教育庁教育指導課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、年代、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、年代、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2020年11月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025