• 背景色 
  • 文字サイズ 

3月11日(月)知事広聴会

 3月11日(月)、平成30年度島根県文化奨励賞受賞者の皆さんと懇談しました。

 

【平成30年度島根県文化奨励賞受賞者】

○劇団ハタチ族(雲南市)

 西藤将人さん、須谷明史さん

○安来節窪田教室どじょっこ隊(出雲市)

 吉川静樹さん

 

 島根県では、文化芸術の分野において、積極的に創作・発表活動を続け、将来の活躍が期待される個人・団体に対し島根県文化奨励賞を贈り、これを顕彰しています。

 

表彰式の様子

(写真:表彰式の様子)

 

 表彰式後に行われた懇談では、受賞者の皆さんに日々の取り組みなどをお聞きしました。

 雲南市で演劇活動を実施されている『劇団ハタチ族』の西藤さんから「平成27年に、元日から大晦日まで毎日公演する『365日公演』に挑戦し、達成したことは、演劇界で話題になりました。」「チェリヴァホールさんが演劇に対してとても協力的で、応援していただいているので、恩返し出来れば、という思いで活動しています。」とお話がありました。

 また、出雲市で小学生から高校生に安来節の指導をしている『安来節窪田教室どじょっこ隊』の吉川さんは「安来節は全国の民謡の中でも節回しが難しいですが、うちの生徒たちは小さい頃から聴き馴染んでいるからか、優勝大会で賞を総なめにして注目されています。」「今年もどじょっこ隊から安来節保存会へ残ってくれる生徒が居て嬉しいです。」「皆さんに喜んでもらえるようにこれからも頑張ります。」と話されました。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 知事は「島根県は伝統的なものがたくさん受け継がれています。民謡や演劇などを披露することで、人々に喜ばれると思います。引き続き頑張ってください。」と述べました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025