• 背景色 
  • 文字サイズ 

2月27日(水)知事広聴会

 2月27日(水)、外務省などが主催する「国際理解・国際協力のための全国中学生作文コンテスト」で最高賞の外務大臣賞を受賞された松江市立八雲中学校2年の石倉要さんが受賞の報告に知事を訪問されました。

 懇談の様子

 (写真:懇談の様子)

 

 石倉さんは、小学3年生の時に能楽と出会い、稽古を続けています。また、自宅が山中にあることから山林に関心を抱き、鳥取大学が開校している「ジュニアドクター育成塾」に参加し、キノコについて学んでいます。

 作文では、「食べ物などの限りある資源を大切にするために、自分には何ができるか。~能楽とキノコで森を再生する~」と題し、能楽の魅力やキノコの研究、荒廃した森林を再生したいという想いをまとめました。

 石倉さんをはじめコンテストの上位4名は、3月24日からニューヨークの国連本部に派遣されます。

 懇談で、石倉さんは「私が住んでいるところでも、山が荒れている。」「国連では森林の再生を学び、日本でさらにキノコの研究を深めていきたい。」と話されました。

 知事は、「レベルの高い研究をしておられ、びっくりしています。」「素晴らしい才能をお持ちですね。これからもどんどん勉強して視野を広げて、がんばってください。」と話しました。

 皆さんと

 (写真:皆さんと)


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025