• 背景色 
  • 文字サイズ 

2月26日(火)知事広聴会

 2月26日(火)、「しまねのネタ本」制作に参加した高校生が、「しまねの魅力」について知事へのプレゼンテーションのため訪問されました。

プレゼンの様子

(写真:プレゼンの様子)

 

【出席者の皆さん】

 松江農林高校3別所奈津実さん、代仁成さん

 島根中央高校3南木かおりさん、漆谷智恵さん

 隠岐高校3齋藤幸也さん、黒川心貴さん

 隠岐水産高校3尾添弘明さん

 

 「しまねのネタ本」は、今年度末に県内の高校・大学等を卒業する生徒等が、進学・就職後に自己紹介する場面などで「生まれ育ったしまね」「学生時代を過ごしたしまね」の魅力をわかりやすく伝え、しまねをPRしていただくための「ネタ帳」として県が制作しました。

 制作には、県内の高校生たちも参加し、昨年秋には、東部・西部・隠岐の3会場に高校生が集まって、しまねの“ステキ”“楽しい”“面白い”エピソードをFROGMANさんにプレゼンしました。

 

 知事へのプレゼンでは、生徒の皆さんから「高校生が考える『しまねの魅力』」を伝えていただきました。松江農林高校の別所さん、代さんは、JR玉造温泉駅にはエレベーターやエスカレーターがないことに触れ「荷物が多い旅行者が駅で困っていれば、同じ列車に乗っていた地元の人が手助けしてくれます。あったかバリアフリーの玉湯町にぜひお越しください。」とPRしました。

 プレゼン後の懇談で、知事は「高校を卒業して進学・就職するとたくさんの人と出会います。島根のことを聞かれることも増えるでしょう。この本を片手に島根のことを語れる人になってください。」と述べました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025