• 背景色 
  • 文字サイズ 

2月7日(木)知事広聴会

 2月7日(木)、第10回「全国ご当地どんぶり選手権」においてグランプリに輝き、観光庁長官賞を受賞された有限会社日本海の加田義憲代表取締役と、商品開発に協力した有限会社古代柱醤油醸造元の井上博之代表取締役らが知事を訪問されました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 

 「全国ご当地どんぶり選手権」は、東京ドームで開催される『ふるさと祭り東京』の食イベントの一つで、約40万人の来場者による投票でグランプリが決まります。今年は、過去2回グランプリになり殿堂入りした3種と、前回入賞した5種、今回予選から勝ち上がった10種の計18種のどんぶりが出場しました。

 グランプリに輝いた「のどぐろ丼」は、ご飯の上に、塩で締め軽くあぶった島根県産ののどぐろ5切れに、ネギ、海苔、わさびを乗せたシンプルなどんぶりです。

 また今回は、どんぶりにかけるだし醤油にもこだわり、有限会社日本海と有限会社古代柱醤油醸造元が共同で開発したものを使用しました。

 

グランプリを受賞したのどぐろ丼

(写真:グランプリを受賞した「のどぐろ丼」)

 

 懇談では、井上代表取締役から「鰹節を少なくし、昆布をきかせることで、のどぐろの味が生きるだし醤油に仕上げました。」、加田代表取締役からは「昨年は入賞できなかったので、今年こそはと研究しました。のどぐろの味を強調するためにはだし醤油が欠かせません。」「また、のどぐろ丼を通じて、オリンピック前に島根県を知ってもらうことができてよかったと思います。」などとお話がありました。

 

 知事は、のどぐろ丼を味わいながら「魚の鮮度がいいですね。すっきりとした美味しさで、何杯でも食べたくなります。」「島根の魅力の一つになりますね。県もPRをお手伝いしていきたいと思います。」と述べました。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025