• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月25日(火)知事広聴会

 12月25日(火)、平成30年度島根県青少年芸術文化表彰の表彰式が行われ、受賞者の高梨はなさんと懇談しました。

 県では、芸術文化の分野における全国大会等で優秀な成績を収め、今後一層の活躍が期待される青少年に島根県青少年芸術文化表彰を授与しています。

今年度は、第40回少年の主張全国大会において、文部科学大臣賞を受賞された隠岐の島町立西郷中学校1年の高梨はなさんに表彰を行いました。

高梨さんと

(写真:高梨さんと)

 

 少年の主張全国大会は、全国5ブロックより選ばれた中学生12人が、一人5分の持ち時間の中で、社会に向けての意見、未来への希望や提案、学校生活や家族のことなどについて発表するものです。今回、高梨さんは12人の発表者の中で唯一の1年生でした。

 懇談では、韓国人の父親と日本人の母親を持つ日韓ハーフとしての生い立ちを通した経験などを「ダブル」というタイトルで発表したことにふれ、「父親と母親の国籍が違うので、ハーフのことや竹島について書きました。」「読むこと、主張することはとても大変でした。」と話されました。

 知事は、「本当におめでとうございます。人前で話をすること、人に分かってもらうことはとても難しいことです。いい勉強、経験になったと思います。これからもいろんな人に会ったり、クラブ活動など、どんどんやったらいいです。がんばってください。」と今後の活躍に期待を寄せました。

皆さんと

(写真:懇談の様子)


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025