• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月18日(火)知事広聴会

 12月18日(火)、2018年アジアクラシックパワーリフティング選手権大会において優勝した、川島督司さんが知事を訪問されました。

 

 懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 川島さんは、本大会のマスターズ1(40歳から49歳の年齢区分)の男子66kg級において、スクワットで160kg、ベンチプレスで125kg、デッドリフトで253.5kgのトータル538.5kgで優勝を飾りました。また、デッドリフトではアジア記録を更新した他、本大会マスターズ1全階級の中で1番の選手を表彰する「ベストリフター」に輝きました。

 


○パワーリフティング競技とは

「スクワット」※1「ベンチプレス」※2「デッドリフト」※3の3種目にて、挙げることのできた合計重量を競う競技

 

 ※1「スクワット」・・・バーベルを肩に担いだ状態から深くしゃがみ、立ち上がる

 スクワット

 (写真:「スクワット」種目の様子)

 

 ※2「ベンチプレス」・・・ベンチ台に仰向けに寝た状態で、バーベルを胸に触れるまで下ろしてから反動を使わずに挙げる

 ベンチプレス

 (写真:「ベンチプレス」種目の様子)

 

 ※3「デッドリフト」・・・床に置いてあるバーベルを直立姿勢になるまで引き上げる

 デッドリフト

 (写真:「デッドリフト」種目の様子)

 

※競技写真:島根県パワーリフティング協会提供


 

 懇談で、川島選手は「パワーリフティングは瞬間的な動きがなく、安全性の高い競技です。現在、国体では公開競技として行われていますが、全国的にも浸透して競技人口も増えて来ました。今後、パワーリフティングがもっと注目されるよう、頑張っていきたいと思います。」と話されました。

 知事は、「このたびは、おめでとうございます。難関をくぐり抜けて頑張られましたね。引き続き頑張ってください。」と述べました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025