• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月10日(月)知事広聴会

 12月10日(月)、「みどりの奨励賞(国土緑化推進機構理事長賞)」及び「第42回全国育樹祭大会会長(参議院議長)賞」を受賞された大田市立池田小学緑の少年団の皆さんが、受賞報告のため、知事を訪問されました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 

 池田小学緑の少年団の皆さんは、全国で特に優れている5団体に贈られる「みどりの奨励賞(国土緑化推進機構理事長賞)」を受賞し、11月に東京都で開催された「第42回全国育樹祭式典」において表彰されました。

 

※緑の少年団

次代を担う青少年が、森林等での学習活動、地域での奉仕活動、野外活動を通じ、自然や自らの地域社会を愛する心豊かな人間に育ってゆくことを目指した団体

 

 池田小学校では、三瓶山で絶滅の可能性が指摘されていたバラ科の多年草「ヒロハノカワラサイコ」を育苗し、三瓶山西の原への植栽活動を10年以上にわたって実施しています。地元の関係団体と連携し、かつての三瓶山の自然環境の復元に取り組んでいます。また、全国植樹祭へ向けて、植樹祭で使用する苗木を育てながら他県の小学校との交流を深めるとともに、森林の働きや大切さについて積極的に学習しています。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 懇談では、緑の少年団の皆さんから「発表大会では、僕たちだけが原稿を見ずに身振り手振りをつけて発表したので、皆さんからほめてもらいました。」「5千人の皆さんに見つめられながらの表彰だったのでとても緊張しました。」「僕たちの夢は、ヒロハノカワラサイコを自然の状態に戻すことです。」とお話がありました。

 知事は「植物を大事にすることは大切です。豊かな自然が残り、人々に喜ばれます。皆さんの活動を後につなげて、これからも頑張ってください。県もできる限り協力します。」と述べました。

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025