• 背景色 
  • 文字サイズ 

12月7日(金)知事広聴会

 12月7日(金)、第31回全国健康福祉祭とやま大会(ねんりんピック富山2018)に出場され、各種目で活躍した選手や役員の皆さんと懇談しました。

 

 懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 全国健康福祉祭(ねんりんピック)は、11月3日から6日にかけて、富山県内の15市町村で開催されました。あらゆる世代の人たちが楽しみ、交流を深めることができるスポーツ・文化等の総合的な祭典で、60歳以上の方々を中心に、全国から約1万人の選手・役員が参加し、島根県からは、120名の選手と6名の役員が参加しました。

 

 懇談では、選手の皆さんから成績報告や大会の感想などを伺いました。ペタンクの田城監督兼選手から「3位まであと一歩のところで勝つことができませんでした。」「ペタンクは小学生でもできるスポーツなので孫世代の子どもと一緒にできます。」と、ソフトバレーボールの野田選手から「優勝を目指していましたが、惜しくも2位グループの1位となりました。」「富山は平野が広がりとてもきれいなところでした。」と話されました。

 

 知事は「好きなことをやると気持ちも晴れて健康にいいですね。これからも仲間同士で楽しみながら活動してください。」と述べました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025