• 背景色 
  • 文字サイズ 

8月24日(金)知事広聴会

 8月24日(金)、「第53回全国高等学校定時制通信制陸上競技大会」の男子1500m、男子3000m障害の部において優勝された宍道高校の高橋椿太郎選手が知事を訪問されました。

 

 皆さんと

 (写真:皆さんと)

 

 高橋選手は、昨年6月(平田高校在籍時)に脳疾患が見つかり、当時目標にしていた全国駅伝大会出場を断念し、9月に手術。手術後は、右目の視野が欠ける、言語障がいなどがありましたが、徐々に体調も回復し、闘病生活の中で自ら撮影した写真の個展を開催。今年4月に宍道高校に転学されました。

 今大会では、2冠を達成された他、最優秀選手賞を受賞されました。

 

 懇談では、高橋選手から、手術後からの回復にあたって「言語障がいは、相手の言っていることは分かるのに言いたいことが言えず、特に辛かったです。そんな時に母からカメラをもらい、写真を始めました。話せない分を写真で伝えればいいのかという気持ちで写真を撮っていました。」と話されました。

 また、別木監督からは、「今回、6名の部員が全国大会に出場し、それぞれベスト記録を出しています。高橋君の活躍がチームにとっても大きな刺激となり、他の部員たちも次こそはと意気込んでいます。」と話されました。

 

懇談の様子

(写真:皆さんと)

 

 知事は、「このたびは、おめでとうございます。後輩たちにとって良い刺激になり、後を追っていく人が出てくると思います。陸上に写真に、とても多彩な才能をお持ちですね。これからも頑張ってください。」と述べました。

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025