• 背景色 
  • 文字サイズ 

7月18日(水)知事広聴会

 7月18日(水)、「第67回出雲杜氏自醸清酒品評会」において最優秀賞を受賞された隠岐酒造株式会社の小島修一杜氏、同社の毛利彰代表取締役社長、出雲杜氏組合の松本年正組合長が知事を訪問されました。

 

みなさんと

(写真:皆さんと)

 

 自醸清酒品評会は、全国的にも高い水準にある島根の清酒製造技術を支える出雲杜氏の更なる技術向上・研鑽を図るため毎年開催されており、今年は島根県11蔵元、鳥取県1蔵元の計55点が出品されました。

 また、5月9日に松江市内で開催された同品評会の褒章授与式では、最優秀賞を受賞された小島杜氏が知事賞を受賞されました。これは2年連続の受賞となります。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 懇談で、小島杜氏は「大吟醸は低温で醗酵するので、最高温度は10.5度くらいを保つようにしています。温度管理が難しいところです。」と話され、毛利代表取締役社長は「最近は県内産の酒の品質が上がりレベルが紙一重なので、2年連続で知事賞をいただけて光栄です。」と話されました。

 知事は、「2年連続の受賞おめでとうございます。地元のお酒を飲みたいと思う人は多いと思います。良い杜氏さんがいらっしゃって良いですね。今後とも頑張ってください。」と述べました。

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025