• 背景色 
  • 文字サイズ 

6月8日(金)知事広聴会

6月8日(金)青少年健全育成功労者の皆さんと懇談しました。

皆さんと

(写真:皆さんと)

 

 島根県では、青少年の模範となる活動を実践、または健全育成に寄与し、顕著な功績を挙げられた個人及び団体の方々に対して、感謝状を贈呈しています。

 6回目となる今年度は、2団体並びに2名の方が受賞され、贈呈式当日に来ていただいた次の方々に知事から直接感謝状が授与されました。

 【青少年団体・グループの部】

 ボーイスカウト出雲第8団

 銀山柔道教室

 【青少年指導者の部】

 佐々木滋子さん

 

 続いて行われた懇談では、ボーイスカウト、柔道教室、少年補導委員などそれぞれの立場を通じて青少年の健全育成に取り組まれている様子を伺いました。

 

 ボーイスカウト出雲第8団委員長の福代秀洋さんは、「普段はキャンプ場や公民館を拠点にして、月に3回くらい活動しています。スカウトの活動は、集団行動をしていくために必要なことを学ぶいい機会だと思っています。」と話されました。

 

 銀山柔道教室からはキャプテンの有馬吟さんと松本栄治さんが出席され、松本さんは、「大森駐在所が中心となって町の人や保護者の方の協力のもと、子どもたちに柔道の基礎を教えながら、礼法や人の気持ちを育てる活動をしています。有馬吟君は、最上級生として、下級生に受け身などをしっかり教えています。」と話されました。

 

 佐々木滋子さんは、「繁華街でパトロールをしたり、子育て中のお母さんにゆったりした気持ちで子どもを育ててほしい、という思いで少年補導委員を中心に冊子を作りました。また、安心・安全のためには地域の力が必要だと思います。」と話されました。

 

 知事は、「子どもたちが健全に元気に育っていくことはなかなか簡単にはいかないこともありますので、こうして皆さん方がいろいろ周辺から手助けをしていただくのは大変大事なことと思います。これからも頑張ってください。県もこういう活動が広がるように考えていきたいと思います。」と述べました。

懇談の様子1

 

懇談の様子2

(写真:懇談の様子)


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025