• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月21日(金)知事広聴会

 来年4月21日から6日間、松江市で開催される「FIMBAワールドリーグ松江2018」(世界シニアバスケットボール交流大会)の開幕まで1年となった4月21日(金)、大会準備委員会の皆さんが、知事室を訪問され、松江城天守をあしらった大会旗を贈呈されました。

皆さんと

(写真:皆さんと)

 

 来年で6回目となる大会は、バスケットボールの国際シニア連盟(FIMBA)主催で、アジアでは初めての開催となります。松江市総合体育館を会場に、国内外から約50チーム、約1,000人の参加が見込まれています。

 懇談で、準備委員会の藤井三千勇会長は「今日は、ちょうど開催1年前です。これからやるぞという気持ちです。」「大会の主旨は、選手間の交流、地域での観光、文化への理解です。大会期間中は、観光ツアーを組んだり、日本酒のPRも考えています。」「松江大会の情報をFIMBAのホームページに載せることで、情報は世界中に広がっていきます。松江大会のホームページを充実させ、松江の映像などを世界中で見てもらいPRしたい。がんばっていきます。」と話されました。

 知事は、「松江は昔からバスケットが盛んなところです。大会開催もスサノオオマジック、新しい松江市総合体育館、スサノオマジックのジェリコ元ヘッドコーチとの繋がりなど縁が重なったのでしょう。開催は島根にとってはありがたいことです。必要なことがあれば協力します。よろしくお願いします。」と話しました。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025