• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月18日(火)知事広聴会

 

 島根県酒造組合の板倉啓治会長、若林邦弘副会長が知事室を訪問され、県の新酒技術研究会に出品された新酒10銘柄が知事に贈られました。

 

みなさんと

 (写真:皆さんと)

 

 懇談では、板倉会長から「最近は、観光客がインターネットで探して、試飲に訪れるケースがふえてきています。販路を拡大する取り組みとして、東京、大阪で試飲会を実施したところ、東京では1,000人以上、大阪では約700~800人の方が訪れてくれました。このようなイベントを今後も続けていきたいと考えております。」

 また、「東南アジアなどの海外でも日本酒が好まれており、昨年度、タイで市場調査を実施しました。今後、海外で試飲会ができるかどうかなど検討していきたい。また、日本酒を通して島根のPRもしていきたい。」と話されました。

 知事は、「最近は若い世代、特に女性に日本酒を好む人が増えていますね。県としても、様々な機会を通じて島根のお酒をPRしていきたいと思います。」と述べました。

懇談の様子

 (写真:懇談の様子)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025