• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月6日(木)知事広聴会

 4月6日(木)、第12回全国高等学校なぎなた選抜大会で優勝された、出雲北陵高等学校3年の石飛涼子選手が、優勝の報告に知事室を訪問されました。

 なぎなた競技には「試合」と「演技」の2つがあり、試合は剣道と同じように防具を身につけ、相手の面・小手・胴・すね等を打突して勝負を競います。島根県では、出雲北陵高校のなぎなた部やその卒業生を中心に、国体の成年・少年で優秀な成績を収めています。

 昨年度の選抜大会でも、高田彩選手が優勝しており、出雲北陵高校からは2年連続で優勝者を輩出しました。

 懇談で、石飛選手は「小学2年から中学までは剣道をしていました。中学3年のオープンスクールでなぎなたにふれ、高校入学後、なぎなた競技をはじめました。」「昨年度の選抜大会では2回戦で負け、優勝された先輩を見ていました。緊張はしましたが、優勝してトロフィーを持って帰れたことは、先生や先輩のおかげだと思います。」と話されました。同席された井上監督も「私も小中学校では剣道をし、高校でなぎなたを始めたので、メンタル面でも指導しやすかった。今回、優勝できてうれしく思います。」と話されました。

 知事は、「優勝おめでとうございます。出雲北陵高校としても選手が活躍されてよかったですね。今後も全国大会があるので、チャンスがありますね。がんばってください。」と激励しました。

 

皆さんと

 

なぎなた演舞

 

知事のなぎなた

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025