• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月11日(月)知事広聴会

 

 4月11日(月)、全国高校なぎなた選抜大会で優勝された、出雲北陵高等学校3年の高田彩選手が、優勝の報告に知事室を訪問されました。

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 

 なぎなた競技は、昭和57年のくにびき国体で公開競技として行われ、58年から国体の正式競技となっています。なぎなた競技には「試合」と「演技」の2つがあり、試合は剣道と同じように防具を身につけ、相手の面・小手・胴・すね等を打突して勝負を競います。

 高田選手の得意技は、島根県の伝統の「飛込面」で、今大会の決勝戦もこの技で優勝を決められました。

 懇談で、高田選手は「今回の大会に向けては、得意技としている飛込面を重点的に練習してきました。決勝戦もこの技で優勝を決めることができ、うれしいです。」と話されました。同席された井上監督も「普段の練習で頑張っているところを見てきたので、監督席で安心して試合を見ていられました。今回、優勝できてうれしく思います。」と話されました。

 知事は、「このたびは優勝おめでとうございます。次はインターハイですね。これから夏に向けてがんばってください。」と激励しました。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025