• 背景色 
  • 文字サイズ 

8月31日(月)知事広聴会

8月31日(月)、松江大根島牡丹協議会の皆さんと懇談しました。

 

懇談の様子

(写真:懇談の様子)

 

 松江大根島牡丹協議会の皆さんが、松江市八束町(大根島)で栽培されている主要353品種の特徴をまとめた冊子「牡丹名鑑」を完成させ、このたび知事に報告されました。

 松江市八束町(大根島)では、おおよそ350年前から牡丹栽培がおこなわれており、現在も多くの品種が栽培されています。名鑑は、今後の品種の保存と栽培技術継承のために牡丹生産者により編集されたもので、各品種の栽培方法や作出年、花びらや枝の形状等、1品種あたり約10枚の写真を使ってわかりやすく解説されています。

 同協議会の足立利人会長は、「生産者をはじめ県や関係者の協力のもと、約5年の歳月を経てようやく完成しました。多くの方に見ていただき、牡丹の普及につながればと思います。」と話されました。

 知事は、「編集は大変な作業でしたね。多くの写真が掲載されており、資料も大きいし、きれいで見やすいです。牡丹は島根の花ですし、これを守っていきたいですね。」と述べました。

 

 

皆さんと

(写真:皆さんと)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025