• 背景色 
  • 文字サイズ 

10月17日(木)、遣島使で女優の妻倉和子さんと懇談しました。

 

懇談の様子

 島根県のふるさと親善大使である遣島使で女優の妻倉和子さんが、現在、島根県立美術館で公開中の企画展『出雲阿国展』の観覧にあわせ知事を訪問されました。

 妻倉和子さんは、劇団『前進座』に所属され、演劇「出雲の阿国」ではこれまでに阿国役をのべ400回以上にわたり演じられ、全国各地の観客を魅了されていらっしゃいます。

 

(写真:懇談の様子)

 

 

妻倉さんと

 懇談では、妻倉さんが「私が長年演じてきた阿国は、戦乱の時代から江戸期に差し掛かる、中世の変革期に彗星のごとく現れた女性で、世の中も彼女のような女性を求めていたのかもしれません。」「今日、『出雲阿国展』を観覧して、もっと多くの方に観ていただきたいと感じました。私も東京に帰って宣伝させていただきます。」とお話されました。

 知事は、「阿国は大きな時代の変革期の中で、大きな渦を作り出した人なのかもしれません。」「最近、島根に関心を持っていただける方が増えてきて、それを糧にさらに頑張るという良いサイクルになってきています。」「これからも応援お願いします。」と述べ、妻倉さんの今後の活躍に期待を寄せました。

 

(写真:妻倉和子さんと)

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025