• 背景色 
  • 文字サイズ 

1月28日竹島・北方領土問題を考える中学生作文コンクールの受賞者と懇談

表彰式の様子

 

 島根県では、県内の中学生が、竹島や北方四島の歴史と現実に関心を持ち、そこに存在する領土問題を正しく理解し、竹島・北方領土問題に関心を高めることを目的として、今年度初めて作文コンクールを実施しました。

 県内6つの中学校から256点の作品が寄せられ、16名の作品が入賞しました。

 表彰式では、島根県知事賞に選ばれた西郷中学校の角脇優花(かどわきゆうか)さん(左写真)のほか、5名の方々に賞状が授与されました。

 

懇談の様子

 

 表彰式の後、知事は受賞者の皆さんと懇談しました。

 角脇さんは「これから他の人の作文も読んで、関心を深めたいと思います。」と話してくださいました。

 ほかの皆さんからは、「互いに主張するばかりではなく、交流することもできるとよいと思います。」「最初は関心が低かったのですが、今回のコンクールが、領土問題について深く考える良いきっかけになりました。」などの感想を聞きました。

 また、審査に当たられた島根県竹島・北方領土問題教育者会議の高橋会長は「どの作文もすばらしく、審査はとても苦労しました。次代を担う皆さんには、領土に関するニュースにしっかり関心を持っていただきたいと思います。」と話されました。

 知事は、「皆さんは、中学生の視点から、領土問題の解決に向けたすばらしい意見を述べられました。領土問題について考えること自体がいい勉強になります。知らない人達にもぜひ教えてあげたり、ご家族や友達ともぜひ議論してください。」と述べました。

 

(写真:懇談の様子)

受賞者の皆さんと

 

○後列左から、島根県竹島・北方領土問題教育者会議高橋会長、竹島北方領土返還要求運動島根県民会議田原会長、溝口知事、今井県教育長、隠岐の島町山本教育長

○前列(受賞者の皆さん)左から、五箇中学校藤野史弥さん、横田中学校鳥谷佳音さん、横田中学校渡邊若菜さん、西郷中学校角脇優花さん、知夫中学校田上藍さん、都万中学校藤川卓士さん

 

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025