• 背景色 
  • 文字サイズ 

道路の美化等を行った方々を表彰しています(令和2年度)

 活動写真(後野小学校)

活動写真(ジェクト)

 毎年8月は「道路ふれあい月間」として、安全で快適な道路環境を保持するため、交通安全施設の点検と整備、道路の正しい利用と道路愛護思想の普及徹底をはかり、道路を常に広く、美しく、安全に利用する気運を高めようと、各種の催しが行われます。

 

 道路の愛護活動に努めた方は国土交通大臣または知事から表彰されます。

 

 

 

 

 

国土交通大臣表彰

 

 国土交通省では、「道路ふれあい月間」中に「道路交通の安全、道路の正しい利用、道路愛護等に努めその功績が特に顕著な団体または個人に対する表彰」という名称の国土交通大臣表彰を行っています。令和2年度は、島根県からは3団体が表彰され、8月20日に県庁講堂において伝達式が行われました。

 

◇受賞の皆さま◇

 

知事との記念写真鹿賀自治会(江津市)※伝達式は欠席浜田県土整備事務所長より伝達

 当自治会は長年にわたり、継続して活動を行っておられます。作業を行うに当たっては事故防止のため作業前ミーティングの実施及び専任の見回り監視を配置するなど細心の注意を払い、安全かつ確実に作業を実施できるよう活動しておられ、地域の環境美化に大いに貢献しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

左から中ノ手自治会、知事、上講武トラクター組合一八四クラブ(飯南町)

 平成18年の設立から長年にわたり活動を続けておられます。地域住民の生活には必要不可欠な道路のため団体活動以外にも国道に隣接している家の方は日常的に草刈を行っておられます。「自らの力で管理をし、安全で利用しやすい道路を維持する。」という郷土愛で地域の環境美化に大いに貢献しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

左から中ノ手自治会、知事、上講武トラクター組合大芦道路愛護クラブ(松江市)

 平成19年よりハートフルしまねの制度を活用しながら活動を継続されており、地域の環境美化に大いに貢献しておられます。また、活動範囲に小学校の通学路があり、子供達が安心して登下校できるよう、安全確保にも貢献しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

知事表彰

 

 島根県では「みんなで守り育てるしまねの道と川の愛護活動表彰」という知事表彰を行っています。道路部門では、道路の清掃活動、沿道への草花の植栽、道路の植樹帯の手入れなど、道路及び沿道の環境を美しく保ち快適な道づくりのため定期的に活動をされている民間の団体又は個人を表彰しています。

 ※平成21年度以降の表彰については土木総務課HPで掲載しています。

 

 


お問い合わせ先

道路維持課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-6046
0852-22-6837
douroiji@pref.shimane.lg.jp