• 背景色 
  • 文字サイズ 

道路の美化等を行った方々を表彰しています(平成29年度)

 活動写真(後野小学校)

活動写真(ジェクト)

 毎年8月は「道路ふれあい月間」として、安全で快適な道路環境を保持するため、交通安全施設の点検と整備、道路の正しい利用と道路愛護思想の普及徹底をはかり、道路を常に広く、美しく、安全に利用する気運を高めようと、各種の催しが行われます。

 

 道路の愛護活動に努めた方は国土交通大臣または知事から表彰されます。

 

 

 

 

 

国土交通大臣表彰

 

 国土交通省では、「道路ふれあい月間」中に「道路交通の安全、道路の正しい利用、道路愛護等に努めその功績が特に顕著な団体または個人に対する表彰」という名称の国土交通大臣表彰を行っています。平成29年度は、島根県からは3団体が表彰され、8月25日に県庁知事室において伝達式が行われました。

 

◇受賞の皆さま◇

 

知事との記念写真朝原振興協議会(出雲市)

地元5自治会各々に沿道の草刈等実施していましたが、地域の道路を地区民一丸となって愛護しようと平成10年に本協議会を発足し長年取り組んでおられます。また、「案山子の里づくり」として道路沿いに案山子を並べるなど道路景観の工夫にも大きく貢献しておられます。

 

佐津目振興協議会(出雲市)

 団体員の殆どが軽トラックを所有しており機動力を生かした収集作業を行うと同時に刈伐採木は地元の炭焼窯で利用するなど、清掃・草刈・支障木の伐採を長年にわたり取り組んでおられます。また、地区民の健康づくりを兼ねたクリーンウォーキング活動も行っておられます。

 

 

 

 

高田所長(益田県土)と記念撮影久々茂自治会(益田市)

 活動の歴史は古く、道路が未舗装の時代には簡易な修繕も行っていました。地区全体に道路愛護の意識が根差しており、日頃の活動として各戸が自宅周辺の道路清掃、自治会活動として地区全体の道路愛護活動を行うなど、地域の環境整備に大きく貢献しておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知事表彰

 

 島根県では「みんなで守り育てるしまねの道と川の愛護活動表彰」という知事表彰を行っています。道路部門では、道路の清掃活動、沿道への草花の植栽、道路の植樹帯の手入れなど、道路及び沿道の環境を美しく保ち快適な道づくりのため定期的に活動をされている民間の団体又は個人を表彰しています。

 ※平成21年度以降の表彰については土木総務課HPで掲載しています。

 

 


お問い合わせ先

道路維持課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-6046
0852-22-6837
douroiji@pref.shimane.lg.jp