• 背景色 
  • 文字サイズ 

令和2年度/島根県保健環境科学研究所/調査研究課題

調査研究課題一覧
No. 新規・継続 研究区分 部・課・科 研究期間 研究課題

1

新規 自主 細菌科

R2~R3

県内流通している魚介類の寄生虫汚染実態と病原性の解析

2

新規 自主 ウイルス科 R2~R3 呼吸器感染症ウイルスの網羅的な検出法の検討
3 新規 自主 大気環境科 R2~R4 隠岐島における大気粉塵のモニタリングに関する研
4 新規 自主 水環境科 R2~R3 水草の繁茂長の違いによる水環境への影響の把握に係る基礎研究
5 新規 自主 水環境科 R2~R3 廃棄物最終処分浸出水の窒素の動態に関する調査研究
6 新規 一般 水環境科 R2 斐伊川流域におけるリン負荷調査
7 新規 一般 健康福祉情報課 R2~R6 健康寿命延伸に影響を及ぼす要介護原因疾患の分析と社会的要因の考察
継続 一般 健康福祉情報課 R1~R2 健康寿命延伸見える化に向けたデータ分析
継続 一般 水環境科 R1~R2 宍道湖・中海の難分解性有機物の挙動及び起源の解明に関する調査
10 継続 自主 健康福祉情報課 R1~R2 江津市における社会参加・交流の場の普及・活動継続要因の分析とフレイルに着目した評価指標の検討
11 継続 自主 細菌科 R1~R2 食品および抜き取りサンプルを対象としたカンピロバクター迅速遺伝子検出法に関する研究
12 継続 自主 水環境科 R1~R2 斐伊川流域における出水時の重金属と懸濁態リンの分析
13 継続 一般 ウイルス科 H29~R3 島根県におけるダニ媒介感染症(日本紅斑熱、SFTS、つつが虫病、ダニ媒介脳炎)の病原体保有に関する調査
14 継続 一般 水環境科 H25~R2 アオコ発生・継続に関与する環境因子の解明に関する調査
15 継続 一般 水環境科 H30~R2 宍道湖に発生する植物プランクトンの脂肪酸組成に関する基礎的研究
16 継続 自主 細菌科 H29~R2 コリネバクテリウム・ウルセランス菌に関する研究
17 継続 自主 大気環境科 H30~R3 光化学オキシダント及びPM2.5の生成に関連する炭化水素類等の挙動把握に関する研究

文章を入力してください


お問い合わせ先

保健環境科学研究所

〒690-0122 島根県松江市西浜佐陀町582-1
tel:0852-36-8181
fax:0852-36-8171
hokanken@pref.shimane.lg.jp