• 背景色 
  • 文字サイズ 



垂水遺跡で「クロスナ層」を検出しました!

垂水遺跡の調査では、砂丘である砂層の下から黒っぽい砂の層が見つかりました。

これは、「クロスナ」層といい、砂丘の発達がゆるやかであった時期に、

植物が茂っていた痕跡です。

このクロスナ層から奈良時代・平安時代の土器が見つかりました。

小さな破片が多いですが、中には全体の形や時期がわかるものもあります。

クロスナ層の広がりを確認したいと思います。

 

クロスナ層

【画像】クロスナ層の検出状況

土器出土状況

【画像】土器の出土状況

 

 






お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp