• 背景色 
  • 文字サイズ 

イベントごみ削減講座〜イベントにリユース食器を!〜を開催します

島根県では、レジ袋削減に続く新たなごみ減量、リユースの取組として、繰り返し洗って再使用できるリユース食器をイベントで使用する取組を進めており、地域イベントや学校行事(学園祭など)でリユース食器を使う事例が少しずつ増えてきています。

この講座では、行政の取組状況や県内イベントでの使用事例紹介のほか、関西地方を中心にイベントごみの削減に取り組むNPO法人から先駆的な導入事例を紹介いただき、今後の県内イベントでのリユース食器使用について考えます。

 

開催日時及び場所

日時:平成29年3月16日(木)13:00〜15:30(受12:30〜)

場所:島根県民会館.大会議室(島根県松江市殿町158)

入場無料、定員80名

 

申し込み方法

参加を希望される方は、下記のいずれかの方法で申し込みください。

申込書に「法人名または所属名、職名、氏名、連絡先(連絡がとれる電話番号)」をご記入のうえ申し込みください。個人でも申し込みできます。

(1)FAX:送信0852-25-3830

(2)メール:kankyo@pref.shimane.lg.jp表題は「イベントごみ削減講座」

 

締め切り

平成29年3月3日(金)

申し込みに当たっての注意

(1)申込は先着順です。定員を超えた場合、お断りする場合があります。その場合は、連絡先に電話をします。

(2)当日取材や撮影が行われる場合があります。

(3)個人情報について

申込にあたってご連絡いただいた個人情報は、この研修会のために利用させていただきます。申込にあたって記載された個人情報を申込者の承諾を得ることなく、利用目的以外には利用いたしません。

 

内容

1.行政の取組報告

リユース食器の紹介とこれまで取組、支援等について

島根県環境生活部環境政策課、浜田市市民生活部環境課

2.県内使用事例紹介

「2016松江水郷祭」でのリユース食器使用事例について

公益社団法人松江青年会議所 2016 年度松江だんだん委員会委員石倉英弥氏

3.講演

リユース食器活用と今後のひろがり(祇園祭の取組から)

NPO地域環境デザイン研究所ecotone代表理太田航平氏

【講師紹介】

1980年東京都大田区生まれ。大量消費・大量廃棄システムの変革やライフスタイルの見直しを図る仕組みづくりなど、環境共生型まちづくりを進めることを目的に設立された「NPO法人地域環境デザイン研究所ecotone(エコトーン)」代表理事。

主な活動のひとつとして展開する「リユース食器を活用したお祭りやイベントの環境対策」は、日本三大祭である祗園祭でも導入を行うなど広がりをみせ、「リデュース」「リユース」のいわゆる2Rをテーマとしたまちづくりやライフスタイルの発信につなげている。

講演3

 

その他、会場では、参加者にリユース食器を体験してもらうために、飲料をリユースカップで提供します。

リユースカップを借りる100円を支払い、カップを返却すると100円が帰ってくる「デポジット制度」を体験していただきますので、お一人様100円をおつりのないようにご持参ください。

.ドリンクコーナー

.

 また、県内イベントでのリユース食器使用事例を集めたパネル展示も行います。

.展示1.展示2

.

お問い合わせ先

島根県環境生活部環境政策課.低炭素・循環型社会推進スタッフ

〒690−8501松江市殿町1番地

TEL:(0852)22−6237

FAX:(0852)25−3830

メール:kankyo@pref.shimane.lg.jp


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp