トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症対策 > 感染症情報トップ > 疾患別
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 週報
グラフ一覧

新型インフルエンザ
対象疾患一覧県報告数と届出基準全国報告数新型インフルエンザ情報
≪インフルエンザ≫



新型インフルエンザ
新型インフルエンザとは?




パンデミック (H1N1)2009
  経過・対策概要

  島根県の流行状況

  日本及び世界の流行状況


新型インフルエンザ対策

鳥インフルエンザ対策

新型インフルエンザって何?

インフルエンザウイルスの高病原性メカニズム

 通常のA型インフルエンザウイルスの場合、感染した細胞から出芽した子孫ウイルスのHAは活性化 していません。気道や腸管の粘膜上皮細胞から分泌されるプロテアーゼ(トリプシン)によって初めてHAが活性化し、 感染能力を獲得します。
気道ではHAが活性化

 気道や腸管以外の他の臓器にウイルスがやってきたとしても、HAが活性化されないため感染すること ができません。このため、通常のインフルエンザウイルスは、気道と腸管でのみ増殖し「インフルエンザ」を 発症させます。
他ではHAが活性化しない

 高病原性のA型インフルエンザウイルスの場合、全身の細胞内に存在 するプロテアーゼ(フリンなど)により活性化するため、感染した細胞から出芽した子孫ウイルスのHAはすでに活性化した 状態になっています。このため、気道や腸管の粘膜上皮細胞以外の臓器にも感染することができ、全身で 増殖して重篤な症状を引き起こします。
出芽したときから活性型
島根県感染症情報センター