• 背景色 
  • 文字サイズ 

カンピロバクター食中毒について

特徴

少量の菌でも発症する。

10℃以下の低温でも長時間生存する。

微好気(少量の酸素がある状態)という特殊な条件で増殖する。

大規模な食中毒になりやすい。

原因食品

家畜等の腸内に常在しているため、処理時に食肉が汚染を受けることがある。

二次汚染をうけた食品

症状

潜伏期間:2〜7日

発熱(38〜39℃)、倦怠感、頭痛、下痢

予防法

生肉などは、早めに調理し、十分加熱すること。

生肉と調理済食品は別々に保管すること。

使用水(井戸水の場合)の滅菌を十分に行うこと。

食品は低温で保存すること

 

 


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp