• 背景色 
  • 文字サイズ 

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正処理について

ポリ塩化ビフェニルとは

 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」といいます。)は、水に極めて溶けにくく、沸点が高いなどの物理的な性質を有する主に油状の物質です。

 また、熱で分解しにくく、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されてきましたが、その毒性が社会問題化し、国内では昭和47年以降その製造・輸入ともに禁止されています。

 既に製造されたPCBは、その処理がほとんど進まず、保管が長期にわたっているため、紛失したり、行方不明になったトランスなどもあることが判明し、PCBによる環境汚染が懸念されています。

 このような状況から、PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進するため、平成13年6月22日に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が公布され、7月15日から施行されました。

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法について

 この法律は、PCBが難分解性の性状を有し、かつ、人の健康及び生活環境に係る被害を生ずるおそれがある物質であること並びにPCB廃棄物が長期にわたり処分されていない状況にあることから、PCB廃棄物の保管、処分等について必要な規制等を行うとともに、PCB廃棄物の処理のための必要な体制を速やかに整備することにより、その確実かつ適正な処理を推進し、国民の健康の保護及び生活環境の保全を図ることを目的として制定されました。

 

 PCB廃棄物を保管している事業者の方には以下の規制が課せられています。詳細は「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法について」のページをご覧ください。

・保管等の届出

・期間内の処分

・譲渡し及び譲受けの制限

・承継の届出

 

PCB廃棄物の保管について

 PCB廃棄物は廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「廃棄物処理法」という。)に規定する特別管理産業廃棄物に該当し、保管する場合は同法に規定する保管基準を遵守する必要があります。

 また、同法に基づき特別管理産業廃棄物管理責任者を置く必要があります。

 詳細は「PCB廃棄物の保管について」のページをご覧ください。

 

PCB廃棄物の処理について

 PCB廃棄物の適正な処理を計画的に推進するため、国は処理施設の整備の方針や処理体制の整備の方向等について「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」を定めています。

 島根県内で保管されている高濃度PCB及びPCB汚染物等は、中国地区、四国地区、九州・沖縄地区のPCB廃棄物と併せて、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)が北九州市に整備した施設で、微量PCB汚染廃電気機器等については、当該機器等の無害化処理について環境大臣の認定を受けた事業所で処理を行うこととなっています。

 詳細は「PCB廃棄物の処理について」のページをご覧ください。

 

島根県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画について

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法第7条に基づき、平成20年3月、「島根県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を策定しました。平成27年10月改訂。

島根県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画【平成20年3月】(PDFファイル33KB)

島根県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画【平成27年10月】(PDFファイル227KB)

 

PCB廃棄物に係る特別管理産業廃棄物収集運搬業者について

 PCB廃棄物の運搬を委託する場合は、廃棄物処理法に基づく特別管理産業廃棄物収集運搬業者へ委託する必要があります。

 現在、島根県内のPCB廃棄物を搬入できる収集運搬業者はこちら(外部サイト)です。

 

リンク

環境省(外部サイト)

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)(外部サイト)

一般社団法人日本電機工業会(外部サイト)

一般社団法人日本照明工業会(外部サイト)

 



お問い合わせ先

廃棄物対策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL 0852-22-6151(課代表)
TEL 0852-22-5261(収集運搬業許可(新規)に関すること)
TEL 0852-22-6302(収集運搬業許可(更新)に関すること)
FAX 0852-22-6738
haikibutu@pref.shimane.lg.jp