• 背景色 
  • 文字サイズ 

ストップ!子ども虐待

児童虐待防止推進月間(11月)の取り組み

 

 急増する児童虐待問題に対する社会の関心を高めるため、平成16年から11月は「児童虐待防止推進月間」と定められました。
県民一人ひとりの温かいまなざしや声かけが、子どもたちを虐待から守ります。
ふるさとの未来を託す大切な子どもたちを、地域で健やかに育てましょう。

子どもからのSOSが聞こえませんか?

 子ども虐待は、子どもに対する重大な権利侵害です。
虐待から子どもを守り、子どもが心身共に健全に成長し、社会的自立に至るまで、社会全体で支援する必要があります。

子どもを虐待から守るための5か条

1「おかしい」と感じたら迷わず連絡(通告)

 (通告は義務=権利)

 2「しつけのつもり・・・」は言い訳

 (子どもの立場で判断)

 3ひとりで抱え込まない

 (あなたにできることから即実行)

4親の立場より子どもの立場

 (子どもの命が最優先)

5虐待はあなたの周りでも起こりうる

「子どもをまもる」医療関係者向け児童虐待対応リーフレット

子どもと接する機会の多い医療関係者の皆様に向けて、児童虐待の流れや早期発見のためのチェックポイントなどを記載したリーフレットを作成しました。(平成24年3月)

説明のつかない不審なけがや、子どもの不自然な様子、子どもの健康に関心の薄い保護者など、気になる患者様が受診されたときには、お近くの児童相談所や市町村へ通告や連絡をお願いします。

全ページ版(PDF9631KB)

分割版PDF(1ページ1088Kb2ページ2131Kb3ページ2127KB4ページ2131kb5ページ1088Kb6ページ1092Kb

児童虐待相談の状況★児童虐待相談統計

 

被措置児童等虐待の状況等

 

児童福祉法第33条の16及び同法施行規則第36条の30に基づき、島根県内において生じた被措置児童虐待の状況等について公表します。

平成21年度なし

平成22年度1件(外部サイトへ※H23.5.26報道発表資料へリンク

平成23年度なし

平成24年度なし

平成25年度1件(外部サイトへ※H26.4.30報道発表資料へリンク

平成26年度なし

平成27年度なし

平成28年度1件(外部サイトへ※H28.8.7報道発表資料へリンク

相談・通告について

ひとりでなやまず、お近くの市町村や児童相談所などに相談してください。

 ●こどもたちへ・・・「たすけて!」「こまっているよ」

 かぞくのだれかにたたかれたり、なぐられたり、いたいおもいをしていたり、おなかがすいてもごはんをもらえなかったりしていたら。

 ●お父さん・お母さんへ・・・「助けて!」「困っているよ!」「ちょっと聞いて・・・」

 うまく子育てができない、助けてくれる人がいない、子どもの行動が気に入らない・・・などと思ってしまい自分を追い詰めていたら。

 ●地域の方へ・・・子どもを虐待から守るために協力してください。

 あなたのまわりに虐待を受けた(受けている)と思われる子どもや、子育てに困っている保護者がいたら。

虐待と思ったらすぐお電話を

 

 児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)

 お住まいの地域の児童相談所に電話がつながります。

 

児童福祉施設等

県内の児童福祉施設(児童養護施設等)はコチラ


お問い合わせ先

青少年家庭課

島根県健康福祉部青少年家庭課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 (第2分庁舎 2階)
TEL:0852-22-5241
FAX:0852-22-6045
E-mail:seisyou@pref.shimane.lg.jp