1965年に空撮した竹島
 島根県は竹島(韓国名・トク)の県編入百周年を機に、2005年3月に「竹島の日」条例を制定した。そこでうたわれた啓発事業の一環として、竹島の領有権問題の現状を把握する目的で、6月には「竹島問題研究会」を発足させた。県内外の研究者10人からなる研究会は現在、05年度末の中間報告、06年度末の最終報告を目指し、歴史、国際法の観点からの検証を重ねている。以下、昨年末の第5回会合までに整理した論点を記す。
 周知の通り、今日の竹島問題は1952年1月18日、韓国政府がいわゆる「しょうばんライン」を設定したことから始まった。だが、日韓の国交正常化交渉の時期(52-65年)と重なったため、両国は「覚書」を通じて互いの主張を繰り返すにとどまった。その覚書による対話も、65年に同問題を「棚上げ」にし、「日韓基本条約」が締結されると、途絶えてしまった。
 当時の日本政府の主張は、次のように要約できる。
1618年、幕府の許可を得た鳥取藩の米子の大谷、村川両家が漁労活動のため、鬱陵島に渡海した。同島のほか、当時、松島と呼ばれた現在の竹島も日本領と認識していた。

1905年2月22日、竹島の日本領土編入の閣議決定を受けて出された島根県告示第40号
1905年の閣議決定を経て、竹島が島根県に編入された。それは「国際法」的にも、合法だった。
島根県に編入後、日本側は実効支配を行ってきた。
第2次世界大戦後の日本領土を規定した1952年のサンフランシスコ講和条約の発効により、竹島は日本領土として残った。

 ところが、韓国政府の見解は違った。次のように主張した。

歴史的に、現在の独島は「さん島」と呼ばれ、15世紀に成立した「せいそう実録地理志」や「とうごく輿しょうらん」などにも、「于山島」の記録がある。
あんりゅうふくが17世紀後半、日本に渡り、鬱陵島と于山島を朝鮮領と認めさせた事実が「しゅくそう実録」に記録されている。
1906年、島根県官吏が竹島と鬱陵島を視察した際、欝島郡守の沈興澤が「独島は欝陵島に属す」と報告している。
第2次世界大戦後、連合国最高司令官総司令部の指令で、独島は韓国領土とされた。
 日韓両国は、そのような論拠に基づき、それぞれが「歴史的にも、国際法的にも、自国の領土」と強調した。だが、その後、日本側から新たな主張がされることはなかった。
 竹島問題が再燃したのは、国連海洋法条約が発効した1994年。新たな「日韓漁業協定」を締結する必要に迫られたことによる。その際に問題となったのが、排他的経済水域の基点をどこに置くかだった。そこで、韓国は96年、竹島に接岸施設を建設し、実力支配をより確実にしようとした。
 一方、日本政府は竹島問題が外交問題化することを避け、竹島問題を棚上げして、99年に新「日韓漁業協定」を締結した。
 こうした経緯から、日本国内で竹島問題は徐々に風化する傾向に。その流れを食い止めようと、島根県が昨春に制定したのが、竹島の日条例だった。

 だが、これに対して、韓国側は反発し、強硬な姿勢を取った。盧武鉉大統領は、日本の歴史教科書と竹島をめぐる認識の誤りを正すためとし、直属の機関を発足させ、広報活動を活発にした。昨年6月には、英文で「独島・6世紀以来、韓国の領土」を発表し、あらためて次の4点を主張している。
独島が韓国領土になるのは、512年。歴史的に、于山島、三峯島、可支島、石島と呼ばれてきた。
安龍福の活躍で、鬱陵島と独島は朝鮮領になった。
1900年の「勅令第41号」で、独島は欝島郡の所属になった。一方、日本も1877年の地籍編さんの際、太政官が竹島を日本領土から外した。
1946年の連合国最高司令官総司令部指令で、独島は朝鮮領となった。
 しかし、これらの主張には、疑問点がある。竹島問題研究会が日韓両国政府の主張やこれまでの研究を半年間にわたって考察する中でも、「検討・検証の必要がある」と思える課題が、いくつか浮上した。
 詳しくは、次ページ以降で記すが、例えば、韓国側は現在の竹島を于山島とし、歴史的に鬱陵島の属島だったとする根拠として、「とうごくぶんけんこう」にある「輿によれば、鬱陵島と于山島は、于山国の地であり、于山島はいわゆる日本の松島(現在の竹島)だ」との記述を挙げる。
 だが、東国文献備考の下地になった「きょうかい考」には、「輿地志によれば、于山島と鬱陵島は同じ島」と記されている。
 こういった疑問点の多くは、かつての日韓両国政府の“論争”でも指摘されなかった。竹島問題研究会は引き続き、客観的な事実の究明に努め、そのよりどころにした史料・文献も併せ、論点を整理した結果、成果を明らかにしていきたい。

竹島(現在の鬱陵島)へ渡海する際、航海安全を祈願した弁財天=島根県隠岐の島町福浦



フォトしまね2006年161号
INDEX「竹島の日」に寄せて〜澄田信義知事竹島とは―
日韓両国の主張: 論点整理 序章論点整理 古代から近世へ論点整理 近世から近代へ論点整理 近代から現代へ
写真で見る「竹島の記憶」竹島問題研究会・下條正男座長に聞く比較/日韓両国の教科書漁業を取り巻く諸問題
漁業関係者インタビュー「証言」〜関係者の思い「受け継がれる絆」〜交流にかける県民の声島根県と朝鮮半島の交流の歩み
竹島・北方領土返還要求運動・島根県民会議のメッセージ関係書籍の紹介日韓親善物語、意見募集「大日本海陸全図」