Back
1901年
(明治34年)
松江に山陰鉄道期成同盟会結成
1903年
(明治36年)
日御碕灯台完成/松江城山の興雲閣完成
ライト兄弟が飛行機発明
1904年
(明治37年)
日露戦争始まる
1905年
(明治38年)
竹島を島根県所属隠岐島司所管とする旨を告示/露国バルチック艦隊イルティシュ号、那賀郡津濃村海岸に漂着/日露講和条約に反対する市民大会が松江などで開かれる
1906年
(明治39年)
広瀬町大火、136戸全焼/馬潟(松江)〜舞鶴間に阪鶴丸毎日就航
1907年
(明治40年)
松江市内に電話開通/皇太子行啓
1908年
(明治41年)
歩兵第63連隊、松江市古志原の新兵舎に入る/安来〜松江間に鉄道開通
1909年
(明治42年)
松江城三の丸に島根県庁舎新築/山陰道に自動車が初めてお目見え
1911年
(明治44年)
松江〜東京・大阪・京都長距離電話開通/島根県子供博覧会を松江城山で開催/松江と朝鮮・元山間に海底電信開通/簸川郡田儀で交通事故第1号、お年寄りがバスにはねられ重傷/松江大橋開通
1912年
(明治45年)
(大正元年)
山陰線京都〜出雲今市間全通/松江電燈会社、仁多郡温泉村に水力発電所建設/出雲今市〜大社間鉄道(大社線)開通
1913年
(大正2年)
第1回松江市青年会主催陸上大運動会(全山陰陸上競技大会)を松江市天神裏で開催
1914年
(大正3年)
初代松江新大橋(木橋)架設
東京駅開業/第1次世界大戦始まる
1915年
(大正4年)
第1回全国中等学校野球大会
1916年
(大正5年)
松江市青年会、第4回陸上運動会を山陰オリンピックと改称、会場は末次埋立地
1917年
(大正6年)
皇太子行啓/島村抱月の芸術座、松井須磨子主演「復活」を県内で公演
1918年
(大正7年)
日銀松江支店開業/第1回県下市町村長聯合会開催/浜田で米騒動、軍隊出動。益田町でも米騒動
1919年
(大正8年)
赤名大火、210戸全焼
1920年
(大正9年)
米の投売り防止、米価維持運動/異常渇水で大橋川逆流。水争い起こる/中海漁区問題で島根県のそりこ船と弓浜の平田船が乱闘
1921年
(大正10年)
松江高等学校開校/県工業試験場開場/松江市に民営乗合自動車登場/松江大橋北詰に映画専用のキネマクラブ完成
1923年
(大正12年)
郡是製糸、簸川郡塩冶村の工場操業開始/大森銀山閉山/斐伊川改修10年継続事業始まる
関東大震災
1924年
(大正13年)
島根県体育協会結成
1925年
(大正14年)
県最初のメーデーを松江市で開催
衆議院議員普通選挙法公布



●明治時代末期から大正時代
 1901〜'25 KEY-WORD
足尾鉱毒問題('01)
八甲田山雪中行軍('02)
203高地('04)
日本海海戦('05)
ブラジルに初の移民船('08)
平塚らいてう「青鞜」発刊('11)
憲政擁護('12)
文化住宅('22)
大正デモクラシー
プロレタリア文学運動
島根この100年[明治時代末期から大正時代](明治34年〜大正14年)
SHIMANE HISTORY 1901〜’25
 20世紀の幕開け。島根県では鉄道が開通し、自動車や電話が登場するなど、交通・通信の分野で飛躍的な発展が始まった。明治41年、安来−松江間に鉄道が開通、同45年には京都−出雲今市間がつながった。もくもくと黒煙を上げながら走る機関車は、新しい時代を切りひらく力の象徴だった。
 そして、人々の交流が進み、華やかな大正の文化が運ばれた。

写真
出初め式 大正時代に行われた三隅村(現三隅町)消防組の出初め式の様子
  写真
玉造温泉 大正時代、玉造温泉の露天ぶろの様子
  写真
奉納相撲 大正7年、浜田町田町(現浜田市)の天満宮で行われた奉納相撲の様子
写真
県庁舎 県庁の新庁舎が松江城三の丸に完成したのは明治42年4月。洋風の堂々としたもので、その威容は当時、松江名所ともなった
写真
有福温泉 明治時代の有福温泉の公衆浴場「旧湯(福の湯)」。日本髪を結った女性の姿が往時をしのばせる(樋口明機さん提供)
  写真
日御碕灯台 明治36年4月に完成、高さは43.65メートル(海抜63.3メートル)で東洋一を誇る。日本人だけの手で設計・建築された円形石造りで、鉄筋は一本も使っていない特殊構造
写真
中海とそりこ船 大正時代の中海の風景。写真の舟は、へさきの板が極端に反っていたことから「そりこ舟」と呼ばれ、漁に使われた
写真
松江大橋 明治44年に完成した16代松江大橋の大正時代の風景
写真
銅ケ丸鉱山 吾郷村(現邑智町乙原)の銅ケ丸鉱山の明治40年ごろの写真、鉱山は、明治20年代が最盛期で、銅9800トンを生産したが、同42年の火災を契機に閉山した
写真
製糸工場 大正時代、現在の出雲市塩冶町にあった製糸工場の様子。大正11年に操業を始めたこの工場は、従業員1030人で、当時の製糸工場の中で県下一の規模だった

Back