シマネスク55号
グラントワってなんだろう 第4回
島根県芸術文化センター「グラントワ」のホール名が、「島根県立いわみ芸術劇場」に決定しました。
     
10月18日(火)
梯剛之ピアノリサイタル
2000年ショパンコンクールで絶賛を浴び、ワルシャワ市長賞を受賞。‘03年には、小澤征爾指揮新日本フィルハーモニー交響楽団とも共演。生後1ヵ月での失明を乗り越え、音楽家の両親のもとピアノに親しんだ彼の演奏は、聴く人の心を魅了してやみません。
10月22日(土)
小澤征爾音楽塾
オペラプロジェクト、
ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」ROHM OPERA THEATER

キャスト・スタッフ総勢200名近い小澤征爾のオペラプロジェクトが益田に上陸。グラントワのオープニングを飾るにふさわしい公演です。
11月20日(日)
坂東玉三郎特別公演
安珍・清姫伝説として有名な道成寺ものの一つ「鐘ヶ岬」と、中国唐時代の玄宗皇帝との悲恋を題材にした「楊貴妃」など、華麗で幻想的な舞台をお届けします。
●お問い合わせ先
島根県芸術文化センター「グラントワ」
〒698-0022 益田市有明町637-2
TEL0856-31-1860
http://www.pref.shimane.jp/section/
bunka/geibun/index.htm
E-Mail geibun@pref.shimane.lg.jp
益田市所在地

県立美術館ガイド

開館6周年記念展

ギュスターヴ・モロー展

フランス国立ギュスターヴ・モロー美術館所蔵
会期 5月22日(日)まで
 象徴主義の先駆者として知られるフランスの画家ギュスターヴ・モロー(1826〜98年)は、宝石細工のようなきらびやかな色彩で、神話や宗教的な主題を豊かな幻想性と装飾性をもつ独創的なイメージによって展開していきました。
 この展覧会では、モローが生涯をかけた作品と邸宅をそのままフランス国家に遺贈し開館した「ギュスターヴ・モロー美術館」の珠玉の作品群を紹介します。
ケンタウロスに運ばれる死せる詩人 ヘラクレスとレルネのヒュドラ
出現 一角獣
県立美術館ロゴ
〒690-0049 松江市袖師町1-5
TEL0852-55-4700(代表)
http://www2.pref.shimane.jp/sam/
E-mail:sam@pref.shimane.lg.jp
●開館時間
10:00〜日没後30分(展示室への入場は日没時間)
●休館日
月曜日。ただし3月21日・5月2日[月]は開館し、3月22日[火]は休館。
●交通案内
・JR松江駅から徒歩15分
・JR松江駅からバス6分
・山陰道→松江中央ランプ→約10分
県立美術館周辺地図

特集 知事対談 私と島根 美味お国自慢 しまね旅倶楽部 U・Iターン便り
しまねに輝く企業 エッセイ グラントワ&県立美術館ガイド しまね「旬の情報」 トップページに戻る  
Copyright (C) 2005 Shimane Pref. All Right Reserved