美味お国自慢
写真 桜餅
<松江市>

一足早く春の訪れを教えてくれるように、あちこちの店頭に並び始める桜餅。全国的に大きく分けて2種類があり、菓子どころとして知られる松江市では両方が作られる。本格的な花見の時期を終えるまで、新しい季節の華やいだ雰囲気を運んでくれるおなじみの和菓子の味にも、大名茶人・松平不昧公に始まる風雅な精神がしっかり息づいているのだ。


(長命寺)桜餅
写真
小麦粉の生地を焼き、薄皮をつくる
写真
塩漬けの桜の葉を1枚ずつ丁寧に並べる
写真
春の香りが漂う桜餅
道明寺桜餅
写真
上品な風味のこし餡
写真
蒸し上がった道明寺生地で素早く餡を包む
写真
俵型に整え、桜の葉で包む
 風の冷たさが和らぎ桜前線が北上し始めると、一気に春本番を迎える。桜は、夢あふれる新しい季節の象徴と言えるだろう。
 そんな桜にちなんだ和菓子を代表するものの一つに、桜餅がある。
 桜餅の始まりは、1717年、江戸向島の長命寺(ちょうみょうじ)で働いていた人が、近くの隅田川堤に植えられた桜の若葉の利用法として考案したもの。初め餡餅(あんもち)風だったものがくず餅となり、さらに、うどん粉を溶いた薄い白焼きの皮となった。現在も続く「長命寺桜餅」の原型である。これが大評判となり、その後、白玉粉入りや、うるち米、餅米、あるいは糒(ほしいい)を使うものなど、さまざまな桜餅が登場していったという。
 一方、関西地方では、道明寺粉や餅米などを蒸したものにこし餡を包み俵型にまとめたものを桜餅と呼ぶのが一般的だ。
 松江市周辺では、クレープ状の皮にこし餡を包んだものを単に「桜餅」、関西風のものを「道明寺」あるいは「道明寺桜餅」と区別して2種類を楽しんでいる。
 松江で桜餅が作られるようになったのは、明治時代の初め。最初は餡餅式だったというから関西風だったのかも知れないが、松江藩の元家老有沢宗閑(ありさわそうかん)が、御用菓子司であった面高屋(おもだかや)に江戸風のものを作らせたことに始まる。以後、明治の中ごろから近年までは、松江城山に茶店を開き、「城山桜餅(じょうざんさくらもち)」は多くの人に愛される名物となった。
 ところで、松江周辺では日常的に緑茶をよく飲む。しかも、かしこまった雰囲気を持つ抹茶でさえ何気ない語らいの中で客人に勧め、家族団らんの中にも溶け込んでいるのだ。これは、大名茶人として名高い松江藩七代目藩主・松平不昧公以来の風雅な精神が生活に根付いているからにほかならない。
 このことは、松江市の一世帯あたりの和菓子購買量が全国一と言われることからも分かるように、市内にはたくさんの和菓子店が存在し、抹茶に付きものの和菓子文化を豊かに育てあげてきた。熟練した職人技が四季折々の風情を形にした上品で繊細な和菓子を生み出し、それを人々は普段の生活の中で季節を愛でつつ楽しむ。
 まだ春浅きころ、松江市内の各和菓子店に淡いピンク色の姿が並び始めると、新しい季節へ向かう高揚感で気持ちも華やいでくる。秘伝の材料割合や職人の手仕事によって各店ごとに微妙に違う味の特徴となり、さらに、それを買い求める人々の鍛えられた味覚がおいしさに一層磨きをかけるのだ。店ごとに違った味わいの「桜餅」を食べ比べてみるのも、菓子処松江ならではの楽しみ方であるだろう。
 幼子の耳たぶのようなしっとり柔らかい皮とさくっとしたこし餡がシンプルで飽きのこないクレープ型の「桜餅」は、気取らずにパクリと。どこか少し襟を正した思いで口に運びたい「道明寺桜餅」は、穏やかな甘さのこし餡を程よいつぶつぶ感が包む。塩漬けした桜葉で巻いてあることはどちらも同じで、香気立つ葉を取り除くのか一緒に食べるのかでしばしの議論となるのも、桜餅の楽しみ方の一つと言えるだろう。
 さあ、どちらの桜餅を食べようか。

◎問い合わせ先/島根県菓子工業組合 TEL0852−32−0814

column いちじくジャム

美味お国自慢
[ Index ]