【目 次】 No.34
写真
皮となる部分を均等に伸ばしながら餡を包み込む。菓子の仕上がりを左右するこの作業は、職人の指先に全神経が集中する瞬間だ。

C O N T E N T S

地図

対談◆「新たな男女のパートナーシップに向けて」
澄田信義(島根県知事)
加藤タキ(コーディネーター)
特集◆夢に挑戦〜島根の若者たち〜
しまねの鼓動
益田市湖陵町
和歌に詠まれた島根
私と島根
坂田明金沢明子
道路みち行けば新発見!
〜一畑電車で行く出雲路の旅〜
美味お国自慢「十六島海苔」
COLUMN 仁多もち
島根の百年
〜民芸運動の勃興〜
内藤正中(島根大学名誉教授)
シマネ新風情報
フラッシュ
シマネスクミュージアム
しまねこぼれ話(8)
写真
安政2年、大工重之助(荒川亀斎)によって作られた菓子型
和菓子(松江市)
茶人として名高い松江藩7代藩主松平治郷はるさと(不昧公ふまいこう)は菓子にも独特のこだわりを持ち、好みと称されるものがいくつか残っている。一時期あるものはすたれていたが、明治以降、町衆や菓子屋が研究と試作を重ね復活。その後、伝統を生かした和菓子が次々に誕生し、茶文化とともに人々の生活に溶け込んでいる。
島根県情報のお問い合わせ
島根県広報課TEL(0852)22-5771
島根県東京事務所TEL(03)5212-9070
島根県大阪事務所TEL(06)6364-3605
島根県九州事務所TEL(093)521-7208
島根県広島事務所TEL(082)541-2410
しまねインフォメーションデスク TEL(03)3797-1666
ホームページアドレス http://www.pref.shimane.jp

シマネスク・島根 ロゴ
HOME INDEX