写真

大原街道で見落としてならないのは、ここが奥出雲へ魚を運ぶ輸送路だったことである。奥出雲の人々は、新鮮な魚を「ぶえん」と呼ぶ。「ぶえん」は無塩のことで、塩干物の魚ではないことを意味する。しかし、輸送手段のなかった昔は、「ぶえん」の状態で奥出雲まで運ぶことは無理であった。
十六島(うっぷるい)や塩津など、平田の浦々で捕れた魚は、早晩、屈強な男たちによって荷車や天秤棒で大原街道を運ばれた。加茂の中山峠の難所をあえぎながら越え、木次・三刀屋に着くころには、すでに昼になっていたのである。
「ぶえん」もここまでが限界であった。ここで焼き魚に加工されて、さらに奥出雲へ運ばれるのである。だから、木次や三刀屋の町並みには、魚屋が櫛比していたのである。
奥出雲の入口の山間の町に、どうして魚屋がたくさんひしめいていたのだろうか、という謎も簡単に解けるわけだ。店先の道端にしつらえられた矩形(くけい)の大火鉢で炭火を燃やし、竹串に刺したアジやサバが焼かれる。その香ばしい匂いが通りに漂っている風情は、今は遠い過去の風物詩となってしまった。
若狭には鯖街道(さばかいどう)という道がある。日本海の魚を京へ送る道である。それほど大げさではないが、大原街道も出雲の鯖街道であった。(文:藤岡大拙)

現在の大原街道
現在の大原街道
もどる

15号目次へ