トップ > 医療・福祉 > 薬事・衛生・感染症 > 感染症 > 感染症情報トップ > 月報
感染症情報トップ
対象疾患一覧
疾患別
カレンダー
感染症 月報
グラフ一覧

前月へ 島根県感染症情報(月報) 2017年9月 次月へ
県内情報週報の月集計データSTD・基幹定点月報全数報告疾患(全国)
1.県内感染症情報
1)全数報告感染症(1〜5類感染症)[ ]は無症状病原体保有者を再掲
 結核が6件[2](松江圏域1件[1]、雲南圏域1件、出雲圏域1件、浜田圏域2件[1]、益田圏域1件)、 腸管出血性大腸菌感染症が6件[4](大田圏域)、 日本紅斑熱が2件(出雲圏域1件、益田圏域1件)、 梅毒が1件(松江圏域)、 侵襲性肺炎球菌感染症が2件(松江圏域1件、大田圏域1件)、 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症が2件(松江圏域1件、浜田圏域1件)、 報告されています。
*週報報告医療機関からの報告患者数(4週換算) : 7月 1,587件 8月 1,562件 9月 1,470件
2)インフルエンザおよび小児科定点報告( )内は月の定点当たり報告数(4週換算) [ ]は週当り定点当り報告数
○インフルエンザ :(1.8)。 松江圏域(5.6)、益田圏域(0.6)および出雲圏域(0.3)で患者発生報告があります。 松江・出雲・益田でA型が、益田でB型が検出(迅速診断)されています。
○RSウイルス感染症 :(22.6)。 県内全域の患者報告数は急増しており、これまでで最大の報告数となっています。 出雲圏域(43)で第36〜39週、松江圏域(32)で第36〜38週、益田圏域(14)で第37週に定点当り5.0人以上の流行となっているほか、隠岐圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。 乳幼児では重症化する場合があり、注意が必要です。
○感染性胃腸炎 :(13.5)。 県内全域の患者報告数は減少していますが、大田圏域(28)および松江圏域(21)でやや流行しているほか、隠岐圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。 手洗いの励行と食品の取扱いに注意しましょう。
○手足口病 :(7.3)。 県内全域の患者報告数は減少していますが、第37週まで県内全域で警報レベル終息基準値[2.0]を超える流行となっています。 雲南圏域(24)で第36、37週、浜田圏域(12)で第37週に警報レベル[5.0]を超える流行となっているほか、隠岐圏域を除く各圏域で患者発生報告があります。
○A群溶連菌咽頭炎 :(7.0)。 県内全域の患者報告数はほぼ横ばいです。 隠岐圏域(19)で第36〜38週に警報レベル終息基準値[4.0]を超える流行となっているほか、各圏域で患者発生報告があります。 合併症を来さないよう早期診断と確実な治療が重要です。
○流行性耳下腺炎 :(4.3)。 県内全域の患者報告数はやや減少していますが、過去5年間の同期に比べ多い状況が続いています。 大田圏域(15)で第36週に注意報レベル[3.0]、第39週に警報レベル[6.0]、出雲圏域(12)では第37、38週に注意報レベルを超える流行となっているほか、松江圏域(1)および雲南圏域(1)で患者発生報告があり注意が必要です。 有効な予防方法は予防接種で、現在、任意予防接種として1歳以上で接種することができます。
○ヘルパンギーナ :(2.6)。 県内全域の患者報告数は減少しています。 出雲圏域(5)、浜田圏域(5)、松江圏域(3)および雲南圏域(2)で患者発生報告があります。
発生推移グラフ グラフ凡例
RSウイルス感染症報告推移グラフ 手足口病報告推移グラフ
3)眼科定点報告
流行性角結膜炎が1件(松江圏域)の患者発生報告があります。手洗い等感染予防を心掛けましょう。
4)性感染症報告
 性器クラミジア感染症が15件および淋菌感染症が6件の患者発生報告があります。
5)基幹病院報告
○無菌性髄膜炎 :1件。出雲圏域1件の患者発生報告があります。
○マイコプラズマ肺炎 :2件。大田圏域1件および益田圏域1件の患者発生報告があります。
○メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 :21件。年代別では70歳以上が15件(71%)を占めています。  
2.病原体検出情報(2017年8月〜2017年9月の検出結果)
 インフルエンザ様患者からAH1pdm2009型およびコクサッキーウイルスA10型が検出されています。 咽頭結膜熱からコクサッキーウイルスA10型が検出されています。 感染性胃腸炎からノロウイルスGU型、サポウイルス、コクサッキーウイルスA2型,A10型およびパレコウイルス1型が検出されています。 手足口病からコクサッキーウイルスA6型およびエンテロウイルス71型が検出されています。 ヘルパンギーナからコクサッキーウイルスA2型,A5型,A6型およびA10型が検出されています。 肺・気管支炎からパラインフルエンザウイルス1型,3型、RSウイルス、ライノウイルス、ヒトメタニューモウイルス、コクサッキーウイルスA5型,A10型,B2型、パレコウイルス1型およびアデノウイルス2型,5型が検出されています。 咽頭炎や扁桃炎からアデノウイルス1型,2型、パラインフルエンザウイルス1型、RSウイルス、ライノウイルスおよびコクサッキーウイルスA2型,A5型,A6型,A10型が検出されています。 熱性疾患や発疹症からコクサッキーウイルスA6型,A10型、パレコウイルス1型、アデノウイルス1型、RSウイルスおよびライノウイルスが検出されています。 SFTS患者1名からSFTSウイルスが検出されています。
2017年8月から2017年9月までの診断名別病原体検出数:島根県保健環境科学研究所(一部抜粋)
ウイルス名アデノコクサッキーAコクサッキーBパレコエンテロインフルエンザパラインフルエンザRS ライノヒトメタニューモノロサポSFTSV 合計
125256 102171AH11 3G2
インフルエンザ      1    15         16
咽頭結膜熱      1              1
感染性胃腸炎   1  1  2       51  10
手足口病     3    3          6
ヘルパンギーナ   1114              7
咽頭炎13  214     2 21    16
扁桃炎12 1 1               5
肺・気管支炎 11 1 111   2127451  46
熱性疾患2    13       41     11
発疹症     11 1            3
SFTS                    11
島根県感染症情報センター カウンター