• 背景色 
  • 文字サイズ 

献血情報

献血に関する国発出通知

「血液製剤の使用指針」の改定について(平成29年3月31日薬生発0331第15条)(PDF:1.43MB)

「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律の施行について」の一部改正について(平成29年3月31日薬生発0331第5号)(PDF:528KB)

安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律第15条に基づく採血事業者に対する指示について(平成29年3月31日薬生発0331第4号)(PDF:44KB)

安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律第12条に規定する採血等の制限の考え方について(平成27年9月1日薬食血発0901第2号)

国家戦略特別区域法血液由来特定研究用具製造事業の実施に係る留意事項等について(平成27年9月1日薬食血発0901第1号)

国家戦略特別区域法における安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律の特例の施行について(平成27年9月1日薬食発0901第2号)

「輸血療法の実施に関する指針」及び「血液製剤の使用指針」の一部改正について(平成26年11月12日薬食発1112第12号)

「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」の一部改正について(平成29年7月31日薬生発0731第10号)

献血功労者表彰

島根県献血推進協議会では、献血に積極的にご協力いただいた個人・団体の皆さまの表彰を行っています。

平成29年度に表彰を受けられた団体の皆さまは次のとおりです。

島根県献血推進協議会功労者表彰受賞団体一覧
受賞団体名 功労の内容
松江市立津田小学校PTA 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
中国電力株式会社島根原子力発電所 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
安来十神ライオンズクラブ 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
株式会社マルマン黒田店 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
松江市島根公民館 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
雲南市三刀屋総合センター 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
出雲市消防団稗原分団 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
出雲ガス株式会社 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
出雲管工事事業協同組合 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
邑南町役場 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
島根県大田警察署 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
江津商工会議所 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
株式会社しちだ・教育研究所 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力
学校法人江の川学園石見智翠館高等学校 3年以上継続して団体構成員の一定数以上が献血に協力

平成23年4月1日(金)から採血基準が一部改正されました。

  • 主な変更内容は以下のとおりです。

 

1.400mL全血採血

 男性に限り、17歳から可能となります。

全血採血年齢基準

現行

改正後

18歳〜69歳*

男性17歳〜69歳*

女性18歳〜69歳*

 *65歳以上の献血については、60歳〜64歳の間に献血経験のある方に限ります。

 

2.血小板成分献血

 男性に限り、69歳まで可能となります。

成分献血年齢基準

現行

改正後

18歳〜54歳

 男性18歳〜69歳*

 女性18歳〜54歳

*65歳以上の献血については、60歳〜64歳の間に献血経験のある方に限ります。

 

3.血色素量

 男性に限り、献血可能な方の血色素量の下限値が引き上げられます。

 

4.血液比重

 健康診断の方法から血液比重検査が削られます。

 

 

平成20年度から移動採血車の献血は、400mL献血のみとなりました。

  • これは、医療現場で輸血を必要とする患者さんの副作用による負担を軽減することと感染症予防の観点から推進している400ml献血への理解によって、200ml献血由来の血液製剤の需要が減少しており、善意でいただいた血液の廃棄を最小限に抑制するため、200ml献血由来の血液製剤の必要な量を血液センターでの予約で確保することとしたためです。

 

英国滞在歴に関する献血制限が緩和されました。

 これまで、1980年(昭和55年)から1996年(平成8年)の間に英国に1日以上滞在されたことがある方については、献血をご遠慮いただいておりましたが、平成22年1月27日から、1ヶ月未満の英国滞在歴の方は献血に御協力いただけることになりました。

 

血小板成分献血に御協力ください。

 血小板の有効期間は、採血後4日間しかありません。
医療機関が必要とする量を供給し続けるためには、献血量を安定的に確保する必要があるのです。
安定供給に必要となる献血者数は以下のとおりですので、御協力よろしくお願いします。

 

世界献血者デー

 

献血バスの運行予定

 

初めての献血

 

島根県献血推進計画

 

献血者数の推移



お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp