• 背景色 
  • 文字サイズ 

食品表示法が施行されました!

 平成27年4月1日より、食品表示法が施行され、食品衛生法、旧JAS法(農林物質の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)、健康増進法の3法の食品表示に係る規定が一元化されました。それに伴い、旧制度からの変更点がありますので、経過措置期間中に新法への計画的な移行をお願いします。また、食品表示に関するお問い合わせやご相談は保健所までお願いします。

主な変更点について

旧制度からの主な変更点は以下のとおりです。

1.栄養成分表示の義務化(加工食品、添加物)

 食品関連事業者に対し、原則として、すべての消費者向けの加工食品及び添加物への栄養成分表示が義務付けられました。また、ナトリウム量は、食塩相当量で表示します。

【栄養成分表示を省略できる場合】

・容器包装の表示可能面積がおおむね30cm以下のもの

・酒類

・栄養の供給源としての寄与が小さいもの

・極めて短い期間で原材料が変更されるもの

・消費税法第九条第一項において消費税を納める義務が免除される事業者が販売するもの

※当分の間、小規模企業者(概ね従業員数が20人以下。商業、サービス業は5人以下)が販売するものも省略できます。

2.原材料名等の表示に係るルールの変更とレイアウトの改善(加工食品)

 原材料名欄の原材料と添加物は、「原材料」と「添加物」の事項名を設けるか、原材料名欄において記号「/」、改行などで区切り、原材料と添加物を明確に区分して表示します。

 パン類、食用植物油脂、ドレッシングおよびドレッシングタイプ調味料、風味調味料についても、原材料と添加物を区分し、それぞれに占める重量の割合の高いものから順に表示します。

3.アレルギー表示に係るルールの改善(加工食品、添加物)

 特定加工食品及びその拡大表記を廃止することにより、より広範囲の原材料についてアレルゲンを含む旨の表示が義務付けられました。

 また、アレルギー表示は個別表示を原則とし、例外的に一括表示が認められることになりました。

4.製造所固有記号の使用に係るルールの改善(加工食品、添加物)

 食品関連事業者のうち表示内容に責任を有する者の氏名又は名称及び住所を表示します。また、原則として、製造所固有記号は使用せず、製造所(又は加工所)の所在地及び製造所(又は加工所)の氏名又は名称を表示しますが、同一製品を2つ以上の工場で製造する場合に限り製造所固有記号の使用が可能です。また、製造所固有記号を使用する場合には、以下のいずれかの事項を表示する必要があります。

・製造所所在地等の情報提供を求められたときに回答する者の連絡先

・製造所所在地等を表示しているWebサイトのアドレス等

・当該製品の製造を行っているすべての製造所所在地等

変更のイメージ(一般用加工食品)

○旧法に基づく表示(例)

旧法に基づく表示(例)

 

○食品表示法に基づく表示(例)

食品表示法に基づく表示(例)

経過措置期間について

 経過措置期間は以下のとおりです。経過措置期間中に計画的な移行をお願いします。

 なお、経過措置期間中において、1つの食品の表示の中での食品表示基準と旧基準の両者に基づいた表示の混在は認められませんのでご注意ください。

【加工食品・添加物:5年】

平成27年4月1日から平成32年3月31日までに製造され、加工され、または輸入される加工食品(業務用加工食品を除く)及び添加物(業務用添加物を除く)並びに同日までに販売される業務用加工食品および業務用添加物については、従前の表示が認められます。

【生鮮食品:1年6ヶ月】

経過措置期間は終了しました。

平成29年度食品適正表示研修会について

 食品関連事業者等が食品表示基準について理解を深め、同基準に基づく表示を適切に作成できるように支援することを目的として、平成29年度食品適正表示研修会が県内8会場で開催されます。

 会場によって開催日時、内容等が異なっておりますので、薬事衛生課ホームページ(外部サイト)より内容をご確認の上、受講を希望される方は薬事衛生課食品衛生グループまで申し込み下さい。

 

【益田会場】

日時:平成29年6月29日(木)14:00~16:00

場所:益田合同庁舎5階大会議室

内容:直売所(産直)で販売する事業者向けの内容を中心

その他

食品表示関係リンク


お問い合わせ先

益田保健所

〒698-0007 島根県益田市昭和町13-1
TEL0856-31-9535(夜間・休日0856-31-9500)
FAX0856-31-9568
masuda-hc@pref.shimane.lg.jp