コンビニエンスストア店長に詐欺被害防止の感謝状を贈呈

 5月24日(火)、電子マネーを購入しようとした高齢者の詐欺被害を未然に防止したローソン松江学園一丁目店の中村店長に対し、松江警察署長から感謝状を贈呈しました。また、同店担当のコンビニサポートポリスである川津交番加藤巡査長から、店内掲示用の特殊詐欺被害防止啓発ポップを進呈しました。

 最近、支払う義務のない架空の料金を請求する詐欺の手段として、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させる手口が急増しています。手口の代表的な例として、

○スマートフォンに「利用料金の確認が取れていない。連絡がない場合は法的措置に移行する」というメッセージが届き、電話をかけると相手から料金の支払いを指示されるもの

○パソコンでインターネットを利用中、突然ウイルスに感染したという画面が表示され、併せて表示されたサポートセンターに連絡をすると、ウイルス駆除料等を名目に料金を請求するもの

があります。

 この他にも犯人はあらゆる名目で、本来は支払う義務のない金銭を要求してきます。このようなことがあれば、相手に連絡をしないようにご注意ください。もし、相手に電話をしてしまった場合は、すぐに警察に相談してください。

ローソンの中村店長に感謝状を贈呈

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー