• 背景色 
  • 文字サイズ 

いざという時のために、日頃からAEDを点検しましょう

 いざという時に、AED(自動体外式除細動器)がきちんと使えるように日頃から点検しましょう。

 バッテリーや部品などは、正常に働く期間が決まっています。

 設置してから年月が経過している場合には、使用期限が切れていないか確認しましょう。

 日頃の点検が、大事な命を救います。

 

 

 【日常点検での確認事項】

 ・インジケータの確認

 AEDには、正常に動くかどうかを示すためのインジケーター(AEDの状態を確認するためのランプや画面)が付いています。

 日常点検する際には、インジケーターの表示を確認し、記録しておきましょう。

 

 ・消耗品の確認

 電極やパッドやバッテリーには使用期限や寿命があります。

 これらの消耗品の交換時期が分かるよう表示ラベルを付けましょう。(製造・販売会社から提供されます。)

 表示ラベルにしたがって、使用期限が来たら、交換するようにしましょう。

 

 AEDの点検をしていますか(外部サイト:厚生労働省ホームページ)

 自動体外式除細動器(AED)の適切な管理について(独立行政法人医薬品医療機器総合機構医療安全情報)


お問い合わせ先

隠岐支庁隠岐保健所

〒685-8601 島根県隠岐郡隠岐の島町港町塩口24  
電話番号 08512-2-9701(代表) 総務医事課につながります。
用件により各課にお取り次ぎします。
夜間及び休日 08512-2-9695(隠岐支庁受付)
ファクシミリ 08512-2-9716
電子メール  oki-hc@pref.shimane.lg.jp