• 背景色 
  • 文字サイズ 

石見国巡回講座を開催します

島根県古代文化センターでは、石見の特色ある歴史文化の魅力を県民の皆様に分かりやすくお伝えするため、石見国巡回講座を開催しております。

今回は、京都から山口を経て津和野に伝えられたとされる祇園祭と鷺舞の伝来についての講座を開催します。事前申し込みは不要、聴講無料です。

 

日時:9月28日(土)14:00から15:30まで(開場13:30)

会場:藩校養老館(津和野町後田ロJR山口線津和野駅から南へ徒歩で10分)

講師:河内将芳(奈良大学文学部史学科教授)

演題「伝えられた祇園祭と鷺舞」

 

第17回石見巡回講座チラシ

案内チラシ(画像をクリックすると拡大します)

 

【津和野弥栄神社の鷺舞】

鷺舞は京都の祇園会で演じられていましたが、室町時代に、大内氏が山口の祇園会にこれを移し、さらに津和野の弥栄神社の祭礼にも伝えられたといわれています。後に一時中断しましたが、江戸時代に、今度は京都の祇園会の鷺舞を移し伝えて、今日まで継承されています。他にも同様の鷺舞が伝承されていますが、伝統的な姿が最もよく継承されているのは津和野のもので、昭和三十年頃には京都の祇園祭で、津和野の鷺舞が逆に移入されて再興されました。平成6年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

 

【申込み・お問い合わせ】
〒690-8502松江市殿町1番地

島根県古代文化センター

TEL0852(22)6727

 


お問い合わせ先

文化財課

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
島根県教育庁文化財課
TEL 0852-22-5880 FAX 0852-22-5794 
E-mail:bunkazai@pref.shimane.lg.jp