• 背景色 
  • 文字サイズ 

山陰自動車道斐川-出雲間が平成21年11月28日(土)に開通!!

 NEXCO西日本により建設が進められていた、山陰自動車道斐川インターチェンジから出雲インターチェンジまでの13.6kmが、平成21年11月28日(土)15:00に開通しました。この区間の開通により、松江から出雲までの所要時間は約34分になり、これまでより約10分短縮されます。出雲市内の渋滞緩和、観光や企業立地など産業の振興、そして救急時の搬送時間の短縮などの大きな効果が期待されます。

 

開通区間

 

 

航空写真斐伊川橋 航空写真出雲インター

 斐伊川橋付近  出雲インター付近

 

通行料金

 通行料金は下表のとおりです。

 

通行料金表(平成26年4月改定)

区間

軽自動車等 普通車 中型車 大型車 特大車

出雲IC〜斐川IC

450円 520円 600円 760円 1,160円

出雲IC〜松江玉造IC

880円 1,060円 1,240円 1,650円 2,640円

 ※出雲ICに料金徴収施設はありませんので、斐川本線料金所(出雲ICから約13km斐川IC寄り)にて通行料金を徴収されることとなります。

 ※出雲ICにおけるETC時間帯割引については、斐川本線料金所の通過時刻で取扱われます。

 

開通区間の写真

 

斐川本線料金所 斐伊川橋 立巌トンネル

 

神戸川橋 神谷川橋・保知石橋 出雲インターチェンジ

 

開通記念行事の様子

 開通式は、知事や県選出国会議員、県議会議員、地元市町長ら約200人が出席して行われました。テープカット、くす玉割りの後、乗用車やバス32台で通り初めし、地元地権者の方々とともに待ちに待った開通を祝いました。場所を移して行われた式典の中で知事は、「70万人を超す人口が集積する中海・宍道湖圏域が高速道路でつながり、産業や観光振興、緊急医療への貢献などに期待している。また、残る高速道路整備は国全体の公平性の観点から歩みが止まることがあってはならない。」と述べ、出雲までの開通に寄せる期待と、出雲以西の山陰道や尾道松江線の早期開通について、強く国に訴えていく方針を強調しました。

 

鋏入式の様子

 

テープカット

 

テープカットの後、乗用車やバス32台で通り初めが行われました。

テープカット パレード

 

開通式の様子

開通式

 

知事、県選出国会議員、地元市町長らの挨拶の後、万歳三唱で開通を喜び合いました。

知事挨拶 ばんざい

 


お問い合わせ先

高速道路推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎6階)
Tel 0852-22-6570
Fax 0852-22-5190
highway@pref.shimane.lg.jp