• 背景色 
  • 文字サイズ 

令和元年度出雲空港航空機事故消火救難訓練を実施しました。

9月26日(木)出雲空港で、空港内の関係機関や消防・警察・医療機関など総勢約220名が参加し、航空機事故を想定した消火救難訓練を実施しました。

 

この訓練は、出雲空港における航空機事故に迅速かつ適切に対応するため、空港内外の各関係機関が連携・協力のうえ一貫したより実践的な消火救難訓練を実施することで、初動対応を含む各種緊急活動やその手順を習熟し、航空機火災の防御・人命救助・医療救護等の体制を確立することを目的として毎年実施しています。

 

今回の訓練では、「隠岐からの9999便ATR42型機が滑走路からの着陸に失敗、滑走路を逸脱し草地で停止、機体が破損し火災が発生。多数の重軽傷者が出た。」との想定に基づき、緊急通報、火災消火、救助及び避難誘導並びに救護活動を行いました。

 

これからも航空機の安全運行確保のため、空港関係機関が一丸となって、取り組んでいきます。

 

訓練前

訓練前の打合わせ

 

対策本部

災害対策本部

 

指揮本部

現地指揮本部

 

トリアージポスト

2次トリアージポスト

 

救護所

現地救護所

 

救急搬送状況

救急搬送

 

訓練後

訓練後の振り返り


お問い合わせ先

出雲空港管理事務所

〒699-0551
 島根県出雲市斐川町沖洲2633-1
 
島根県出雲空港管理事務所
 TEL(0853)72-0224
 FAX(0853)72-9732
 E-mail:izumokukokanri@pref.shimane.lg.jp